宮間がAFC女子年間最優秀選手賞を受賞 澤を超える最多3度目

写真拡大

▽アジアサッカー連盟(AFC)は23日、2015年の年間最優秀選手の女子部門に、なでしこジャパンのMF宮間あや(30、岡山湯郷Belle)を選出したことを発表した。

▽2011年から2年連続でAFC年間最優秀選手賞を受賞していた宮間は、今回が3度目の受賞。2004年と2008年に同賞を受賞したMF澤穂希の2度を上回る日本人最多3度目の受賞となった。

▽最優秀選手候補には、今年6月に開催されたカナダ・女子ワールドカップで準優勝の成績を残したなでしこジャパンから主将の宮間とMF宇津木瑠美が選出。もう1人はオーストラリア女子代表のDFエリス・ケロンド・ナイトが選ばれていた。なお、宮間はFIFAバロンドールの最終候補3名にも残っている。