C・ロナウド、マドリーサポに「くそったれが」 関係は最悪の状態に

写真拡大

▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと、同クラブのサポーターの関係は最悪の状態になっている。スペイン『スポルト』が報じた。

▽20日に行われたリーガエスパニョーラ第16節のラージョ戦に10-2で勝利したレアル・マドリーは、前半3分にDFダニーロのゴールで先制したが、10分に同点に追いつかれると12分には逆転を許してしまっていた。

▽この失点直後にC・ロナウドは観客席のサポーターに向けて、右手人差し指を立て左右に振るジェスチャーをしながら、スペイン語で侮辱的な単語を用い、日本語でいう「くそったれが」といったような暴言を吐いたようだ。『クアトロ』が映像でその様子を伝えている。

▽C・ロナウドのリアクションにより、観戦していたサポーターたちは激怒。スタンドから「傭兵」、「ポップスター」、「あいつに卵を投げつけろ!」など、多くのサポーターがC・ロナウドを罵倒した。同選手は、チームメイトのDFマルセロになだめられていたが、あからさまに不機嫌な様子を示した。