Doctors Me(ドクターズミー)- 胎児の発育が遅れ気味?「子宮内胎児発育不全」の原因とは

写真拡大

何らかの理由で、胎児の発育が遅れてしまう、あるいは停止した状態のことを、子宮内胎児発育不全(FGR:Fetal growth restriction)と言います。これは、全妊婦の8〜10%で発生すると言われており、かつては「子宮内胎児発育遅延(IUGR:intrauterine growth retardation)」と呼ばれていました。

今回は、妊婦さんにとって不安要素のひとつでもある、この子宮内胎児発育不全について、詳しく見ていきたいと思います。

FGRの診断方法

妊婦健診では毎回、超音波で赤ちゃんの大きさを測定し、体重の推定値を出しますが、その数値が妊娠週数に比べて十分かどうかを確認します。その他にも、羊水が少なくないか、赤ちゃんの腹囲が小さくないか、赤ちゃん自身の動き(胎動)はどうか、といった症状も検討した上で、総合的に診断。赤ちゃんがFGRの場合でもお母さんに何か症状が出る事はなく、妊婦健診で発見される場合が大半です。

考えられる3つの原因

原因は不明な部分が多いのですが、次の3つのうち、いずれかに該当するケースもあります。

1:赤ちゃん自身に問題がある場合
赤ちゃんの遺伝子や染色体異常、お母さんのお腹の中で何かに感染してしまったことが原因になります。

2:胎盤や臍帯に問題がある場合
胎盤に何らかの障害があって、赤ちゃんに栄養がうまく供給できないことで起こります。胎盤梗塞や前置胎盤、臍帯付着異常などの病気が原因になります。

3:お母さんの体に問題がある場合
妊娠高血圧症候群になった場合や心臓病、腎臓病、ぜんそくなど、もともとの持病が関係している場合があります。また、喫煙をしたりしていたり、感染症(トキソプラズマ、風疹、サイトメガロウイルス、ヘルペスウイルスなど)にかかってしまった場合にもFGRになる場合があります。あるいは、多胎妊娠(2人以上の同時妊娠)の場合も、一人ひとりの赤ちゃんは小さめになります。
経過について

お母さんも赤ちゃんも特に大きな問題がなければ、小さめであってもそのまま外来で経過を見て行くことになります。いっぽう、お母さんに原因がある場合、例えば、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などの合併症があれば、その治療を優先し、お母さんは安静に過ごします。また、お母さんの体重の増えが少ない場合には、バランスの良い食事を心がけ、しっかりと赤ちゃんに栄養を供給できるようにすることが大切です。

医師からのアドバイス

食事では、摂取するカロリーの総量だけでなく、蛋白質やビタミン(ビタミンCとE)を多く含むメニューを心がけてください。睡眠や運動、仕事の状況など日常生活が規則正しく過ごせているか、体に無理がかかっていないかなど、基本的な生活習慣の見直しも行いましょう。赤ちゃんの成長に必要な栄養を確保できていないときには、糖分やビタミンの点滴を行う場合もあります。

(監修:Doctors Me 医師)