日本サッカー協会(JFA)は23日、22日から沖縄で活動しているU-22日本代表トレーニングキャンプにおいて、アビスパ福岡FW金森健志が右大腿部の痛みのため離脱することになったと発表した。なお、金森に代わる追加招集はない。

 1月に行われるリオ五輪アジア最終予選(AFC U-23選手権)に向けてトレーニングを行っているU-22代表。金森は18日に発表された登録メンバー21人には入っておらず、30日に発表予定の残り2枠を争っている。


●AFC U-23選手権2016特集