23日、精神科医の香山リカ氏がTwitter上で、通勤中にあるデモ団体から暴言を受けたことを明らかにした。
香山氏によると、その団体は20人ほどの男女で「化粧しろ、口角あげろよ」「バカ女ーイエーイ」と罵ってきたという。また、香山氏は「うるさいよ、帰れよ」と反撃を試みたが、効果はなかったようだ。

この事態に、香山氏は相手団体を「レイシスト」( 差別主義者)と呼び、「神宮前の閑静な住宅街に朗々と響きわたるヘイト街宣。カウンターいないのでレイシストたちは得意満面。悔しい 」とつづっている。


香山氏はツイートに画像を添付している。画像には団体のメンバーと思しき人々や、日の丸と思われる旗が写っているが、あるユーザーが「肖像権の侵害になるのでは?」と問いかけると、香山氏は「ヘイト街宣するレイシストの肖像権を守れと言うなら、ヘイト被害者の人権や生存権を守れと彼らに言ってやってください」と突っぱねている。
【関連記事】
番組降板騒動の香山リカ氏が「ネプリーグ」に出演…しかし出題内容は皮肉ともとれるものばかり
民主党の金子洋一参院議員 聴衆からの激しい口撃に「身の危険を感じた」
フィフィが安保賛成派の主張とデモの様子をTwitterで紹介