写真提供:マイナビニュース

写真拡大

香港ディズニーランド・リゾート(香港・ランタオ島)では、11月16日より開園10周年イベント「ハッピリー・エバー・アフター」を開催中。パーク内は、10周年を祝う特別デコレーションで華やかに彩られている。

「眠れる森の美女の城」を通って、ファンタジーランドに入ったところには、ディズニーのキャラクターたちが集結した絵本をモチーフにした巨大なデコレーションが登場。台に上って、キャラクターたちに囲まれるように記念撮影することができる。

「眠れる森の美女の城」の前の花壇には、10周年の"10"という大きな文字が存在感を放つデコレーションが飾られ、お城につながる橋の両サイドにも10周年装飾が。また、メインストリートUSAのショップのショーウィンドウでは、10周年仕様のディスプレイが楽しめる。

夜には、ファンタジーランドの絵本モチーフのデコレーションも、お城の前の花壇のデコレーションもライトアップされ、昼とは違った雰囲気が楽しめる。また、花火ショーの前後などに見ることができる、「眠れる森の美女の城」に"10"の文字が投影される特別ライティングにも注目だ。

10周年のデコレーションは入場ゲートの外にも施され、ミッキーの噴水へと続くストリートの両サイドに、10周年デザインのフラッグが登場。ミッキーとミニー、チップとデール、ダッフィーとシェリーメイなど、主要キャラクターがペアになって描かれている。

開園10周年イベント「ハッピリー・エバー・アフター」では、新しいステージ・ショー「ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック」、大人気の花火ショー「ディズニー・イン・ザ・スターズ」のスペシャルバージョンを開催。12月からはウォークスルー・タイプのアトラクション「フェアリーテール・フォレスト」もオープンした。

As to Disney artwork, logos and properties:(C)Disney
協力:ディズニー・ディスティネーション・インターナショナル