ロボット犬が牽引するサンタクロース。Boston Dynamics から気色悪いクリスマス動画をあなたに

写真拡大

米軍向け4足歩行ロボット"Big Dog"などの開発で知られる Boston Dynamics が、メリークリスマスとばかりにサンタクロースの動画を公開しました。もちろん、そりを引くのはトナカイに扮した3頭(頭がないので3体?)の Big Dog(Spot)です。


いったい、誰がこんなことをさせようと企画したのかはわかりませんが、われわれ一般人からすれば首のないロボット犬がそりを引いてやってくる姿はただただ不気味。(よく見ると先頭は赤鼻をつけていました)

おそらく、ジャッジメント・デイを過ぎた世界ではスカイネットがこんなクリスマスを演出してくれるのではないかと想像してしまいます。

 
せめてサンタ役がフロイス(上の写真右)だったらまだ笑えるのに、と思わずにはいられません。

ちなみに Boston Dynamics は2013年、Googleが買収ずみ。もし Google の自動運転カーが故障で立ち往生した時は、この Big Dog(Spot) がソリのように引っ張って回収してくれる未来がやって来そうです。