特産品の素材の特徴を活かした「ご当地ランチパック」

写真拡大

山崎製パンは、人気の「ランチパック」シリーズから、日本全国各地の特産品を使用した「ご当地ランチパック」の新商品6品を2015年12月26日から全国で一斉に発売する。1月31日までの期間限定販売。

全国一斉発売に合わせて、この6品を対象とした人気投票キャンペーン「日本全国ランチパック選手権」がインターネットで実施。応募者の中から、抽選で100人にご当地グルメが当たる。

「ニューイヤー駅伝」にならい全国を6地区に

山崎製パンが冠スポンサーをつとめる「ニューイヤー駅伝2016(全日本実業団対抗駅伝競走大会)」の地区予選にならって、日本全国を6つに区分けした。各地区の特産品の中から「ランチパック」とマッチングのより良い素材を探し求め、東日本地区は「ニューイヤー駅伝」の開催地である群馬県の「上州牛」、中部地区は愛知県「名古屋コーチン」、北陸地区は富山県の「とやまポーク」、関西地区は京都府の「宇治抹茶」、中四国地区は広島県の「ネーブルオレンジ」、九州地区は福岡県の「はかた地どり」を選んで具材にし、それぞれの地区のご当地ランチパック」を開発した。

投票すると抽選で100人にご当地グルメ当る

「日本全国ランチパック選手権」は、キャンペーンページにアクセスして、気に入ったランチパックに投票する。投票した人の中から抽選で100人に、「上州牛すき焼き用」や「富山昆布〆三昧」の刺身など6つの商品の中から3つを選択できる「選べるご当地グルメ」が当たる。