イヌの言葉がわかったときに見えてくる風景

写真拡大

動物と人とがより高い精度でコミュニケーションできるようになれば、彼らの卓越した能力を生かした活用方法がさまざまに考えられそうだ。それを可能にする「インターフェイス」開発が、各所で進んでいる。

「イヌの言葉がわかったときに見えてくる風景」の写真・リンク付きの記事はこちら

あなたが糖尿病を患っていたとしよう。いざ低血糖になると、いち早くそれに気づき教えてくれるよう訓練された犬の存在は、極めて役に立つことだろう。糖尿病では、本人が症状を自覚できなくなる「無自覚性低血糖」に陥ることがあるが、犬はそれを感知し、知らせてくれるのだ。

糖尿病性ショックは急激に起き、意識を失う場合も多い。そうなったとき、犬は、ただ困惑するのみだ。彼らは、言葉を話せないのだから。しかし、犬が人とコミュニケーションを取れるよう開発されたウェアラブルコンピューターを身に着けていれば話は別だ。

ジョージア工科大学のコンピューター科学者、メロディ・ジャクソンは介助犬にコンピューター内蔵のヴェストを着用させる取り組みを続けてきた。それを着用した犬が緊急時に他の人間を見つけ、ヴェストについているレヴァーを引っ張ると、「わたしのハンドラーが助けを求めています!」という音声メッセージが流れるようになっている。この音声を聞いた人は「1メートル飛び上がる」と、ジャクソン氏は言う。「なんたって犬が喋るのですから」

その他、GPSの座標をもとに救助を要請することなどもできる。そして、(糖尿病患者用だけでなく)災害救助犬についても同様のことを行うことができる。これは、新たな分野、「アニマル・コンピューターインタラクション」というべきものだ。

アニマル・コンピューターインタラクション

これは犬に限った話ではない。科学者のなかには、人間とイルカがコミュニケーションを取れるシステムを開発する者たちもいる。先述したジャクソン氏の場合は、さらに、犬が馬をモニターして歩行異常の兆候を警告するセンサーを開発中だ。

これはつまり、「犬用Google Glass」を手に入れて膨大な知識を蓄えた犬、といえるかもしれない。

犬はもともと非常に社交的な動物で、これまでも人間のサポートを行ってきた。人間と話せる方法を彼らに与えてあげることは簡単だ。例えば、盲導犬がジャクソン氏の開発したベストを着用していたら、障害物に気付いた時にそれが何か人間に教えることができる。それは以前は非常に難しかった。

人間のために(そういった機器を)開発していく際には知っておくべきことがある。動物が詳細なフィードバックを伝えるのは不可能なため、動物を対象にハイテクアイテムを開発するには、エンドユーザーにも細心の注意を払う必要がある。動物それぞれの能力を考慮する必要があるのだ。

犬であれば、物をくわえるのに適した口と敏感な鼻を生かした活用方法を考えることだ。イギリス、オープン・ユニヴァーシティのコンピューター対話研究室代表、クララ・マンチーニは、ガン探知犬がサンプルを嗅ぎわけるパターンを計測するセンサーを考案した。これは犬の嗅覚がいかに優れているかを示している。そして、インターフェースを選択すれば、動物はわたしたちにさまざまなことを伝えてくれる。

ジョージア工科大学のコンピューター科学者、ジャクソン氏による講演の様子@TED。外題は「Can Wearable Computing for Dogs Keep Humans Safer?」(犬用ウェアラブルは、人の暮らしをよりよくしてくれる?)。

もちろん、常に動物の声を聞くことが望ましいわけではないだろう。動物園の動物たちが話しかけてきたら、どうなるだろう? ニワトリや豚、牛といった家畜と、彼らが置かれた環境が快適かどうかについて話すことを想像できるだろうか? 「多くの畜産農家は、飼育している動物たちの声を聞きたくはないでしょう」とマンチーニ氏は言う。「そしてそれは、おそらく消費者も同様です」

これまで宇宙人と交流しようと数百万ドルもの資金が使われ、無駄になっている。人間と高度な交流ができる人間以外の初の種族は、リヴィングルームでわたしたちと一緒に過ごす動物から生まれるのかもしれない。職場にいるあなたが愛犬からメールを受け取るころ、それは現実のことになるかもしれない。彼らは「ごめんね、カーペットを齧っちゃったんだ」と、絵文字でどう打つのだろうか?

TAG

AnimalInterfaceWIRED US