自分が住んでいる地域をチェックして、肌ケアのヒントに

写真拡大

来月はどんな肌の状態になるのか、美肌のために気をつけたいケア法は何かを「美肌予報」のサイトであらかじめ知ることができるようになった。一足先に来月の肌環境を知ることで、そのときの気候や肌状態に応じたケアの準備ができるというわけだ。

予報は、株式会社ポーラと日本気象協会が共同で行っており、47都道府県別に各地のお天気と肌の傾向を分析、美容のアドバイスもしている。2015年12月21日に公開された、2016年1月の予報は、東京や大阪、石川、沖縄などでは肌はとても良い状態になり、高知や熊本、大分、島根などはシワ、乾燥、肌冷えに注意が必要。

東日本・西日本は例年よりも降水量が多く、湿度も高いため肌の乾燥はやわらぐという。今年は暖冬傾向だが、一年の中でもっとも寒さに注意が必要な時期。肌や体の冷え対策をするようおすすめしている。

ポーラは25年以上前から女性の肌を調査しており、その結果、日本各地の気象環境や生活習慣の違いにより肌状態もエリアごとに傾向があるとわかった。全国で調査した肌データは1500万件以上あり、毎日平均して約3000件が追加されているという。

情報の更新は月1回。次回は1月20日に2月の予報が公開される予定。

(Aging Style)