タランティーノがハリウッド殿堂入り、授与式にはサミュエルらも。

写真拡大

クエンティン・タランティーノ監督が12月21日(月)、ハリウッドの殿堂入りを果たし、カリフォルニア州ハリウッドでその名誉を受け取った。

「パルプ・フィクション」「ジャンゴ 繋がれざる者」でお馴染みのタランティーノ監督への授与式には、長年の友人であり何度も作品でコラボしているサミュエル・L・ジャクソンをはじめとした最新作「ザ・ヘイトフル・エイト」の出演者らも応援に駆けつけていた。

タランティーノ監督は現代のポップカルチャーに多大な影響を与えた人物として称えられており、最新作「ザ・ヘイトフル・エイト」はその中でも最も情熱を注いで作られた作品のようで、以前バラエティ誌のインタビューの中で次のように語っている。

「この作品は南北戦争後の余波を描いた作品なんだ。程度の差はあれどすべてのキャラクターたちが戦争の生存者だったり、滅びた社会の生き残りだったりするんだよ」
「世界滅亡後の映画のようなところもあるんだけど、(『マッドマックス』シリーズのような)オーストラリアの奥地のお話ではなく、すべてのシーンが氷や雪で埋め尽くされた荒地なんだ。世界の週末を生き延びた人たちはみんなもう存在しない社会からやってきた人たちで、彼らはみんな世界の終末をお互いのせいにし合っているんだよ」