写真提供:マイナビニュース

写真拡大

朝日生命保険は、日本IBMと共同で開発した次世代営業職員用携帯端末の画面デザインが、ユニバーサル コミュニケーション デザイン協会(以下 UCDA)の「伝わるデザイン」認証を取得したと発表した。

UCDAは、企業や団体が制作する申込書や説明書等のコミュニケーションデザインが、顧客にとって「見やすく、わかりやすく、伝わりやすい」デザインであるかを評価、認証する国内唯一の第三者機関で、UCDA認証「伝わるデザイン」は、独自に開発された評価基準すべてを満たし、有識者や消費者団体、一般の生活者等からなるUCDA認証委員会が情報の伝わりやすさを認めた対象物に対して付与されるという。

今回、「伝わるデザイン」認証を取得した次世代営業職員用携帯端末の画面デザインは、分かりやすさ、使いやすさ、間違いやすさの削減等に配慮したことがポイントだという。また、シニアの顧客が利用しやすさ(アクセシビリティ)の観点で検討を行うなど、行動特性を考えて設計を行ったという。

具体的には、読みやすさに配慮した画面デザインで、進捗表示を分かりやすくしたこと、入力項目を少なくし、スクロール操作を最小限にしたこと、ITに不慣れな人でも操作しやすいよう、直感的な操作方法にしたことだという。