© 2015 Marvel

写真拡大

『アイアンマン』や『アベンジャーズ』が活躍するマーベル映画。

【写真19枚】マーベル・シネマティック・ユニバース フォトギャラリー

これらの映画は「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」という同じ世界観で構成されています。

この世界観は映画やTVドラマなどに広がり、それぞれの作品が大きな物語を動かしていく、という画期的なプロジェクトです。

アイアンマンやアベンジャーズは聞いたことあるけれど、他は良く知らない…という方にもおすすめの、MCUの楽しみ方をご紹介します。

興行収入1兆円! 史上最強の映画シリーズ

『アイアンマン』や『キャプテン・アメリカ』、『アベンジャーズ』といった映画は、「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」という一つのシリーズとして物語が展開されていきます。

ヒーロー映画が一つの世界観を共有し、大きなチームとして動いていくという、壮大で画期的なプロジェクトです。

そんなMCUの1作目『アイアンマン』から最新作『アントマン』までの全世界興行収入の合計は90億ドル超。

日本円で1兆円を超えます。

ハリー・ポッターやスター・ウォーズシリーズを超え、史上最も興行収入の高い映画シリーズがMCUです。

全ての映画を繋ぐ壮大なストーリー

マーベル・シネマティック・ユニバースに属する映画は同じシリーズものだと説明しました。

しかしMCUは「他の映画を観ていないと分からない」というものではありません。

というのは、大きなシリーズとしての繋がりは背景であり、それぞれのヒーローは独立した物語として活動しているから。

アイアンマンやキャプテン・アメリカといったヒーローは普段それぞれ独立した活動をしています。

『アイアンマン』にキャプテン・アメリカの知識はいりませんし、『マイティ・ソー』にハルクは出てきません。

しかし、同じ世界観で活動していて、それぞれの物語は背後でしっかりと繋がっており、セリフの端々に他映画の話題が出てきたりします。

さらに、キャラクターがお互いの作品に登場することも。

それぞれ独立した物語が、同じ世界観を共有していて、キャラクターやストーリーが繋がっていくMCU。

特に今後の作品は、これまで各作品が築いた世界、起こした事件が一気に集まり、壮大な物語にリンクしていきます。

色々な作品を観ていくうちに、点と点が繋がって大きな世界が見えてくるのも、MCUならではの楽しみ方です。

はじめてのMCUにおすすめ『アントマン』

MCUに属する映画は既に12作品。

『アイアンマン』だけでも3作、『マイティ・ソー』と『キャプテン・アメリカ』は2作公開されています。

それぞれ最新作だけを観ても楽しめますが、やはり続編の前には最初の作品を観ておきたいところ。

途中からMCUに入るのは、どうしてもハードルの高さを感じてしまいます。

そんな人におすすめなのが、MCUの最新作『アントマン』。

最新作ですが、この作品から新たにMCUに加入したヒーローです。

はじめて登場するヒーローですから、他のMCU映画を知らなくても問題ありません。

「ある男がアントマンになるまでの物語」というヒーロー誕生ストーリーとして、MCU入門映画にはもってこいの作品です。

そしてアントマンは続編の製作も決定。

今後のMCUにとって重要なヒーローとなっていきます。

『アントマン』を観て、面白かったら他のMCU作品を追いかけてみるのも良いかと思います。

年末年始などの時間を使って、一気にMCUの世界を楽しんでみてください。


『アントマン』
2015年12月23日(水)デジタル配信、
2016年1月20日(水)MovieNEX発売(4,000円+税)

MCUの大きな流れ

MCUの大きなストーリーは、いくつかの区切り目があり、「フェーズ」と呼ばれています。

フェーズ1は、ヒーローたちの紹介がベース。

『アイアンマン』、『キャプテン・アメリカ/ファースト・アドベンチャー』、『マイティ・ソー』など、人気のヒーローが活動を始めるまでの作品が並び、『アベンジャーズ』で彼らが結集します。

その後、フェーズ2がスタート。

ヒーローの立場がより複雑になっていく中、宇宙では『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー』が生まれるなど、より幅のある展開に。

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』を経て、MCUの背後での黒幕の存在が明らかになってきます。

フェーズ2の最後となる作品が『アントマン』。

MCUを観始めるなら、やはりフェーズ1の作品か、『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー』、『アントマン』といった作品が良いでしょう。

ヒーロー同士が対立…MCUは新たなフェーズへ

そしていよいよフェーズ3がやってきます。

MCUの黒幕に対して宇宙、新たな次元を巻き込んだ壮大なストーリーが予想されています。

そんなフェーズ3の開幕を飾る作品は衝撃作『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』。

アベンジャーズを代表するヒーロー、キャプテン・アメリカとアイアンマンが真っ向から対立します。

両陣営にはアントマンやブラック・ウィドウなど、豪華ヒーローが参戦。

さらに、スパイダーマンの参加も噂されています。

MCUを分断する、かつてない規模の戦いが繰り広げられます。

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』は2016年4月29日全国ロードショー。

なんと米国より早い公開日です。

ドラマにも広がるMCU

MCUの画期的なところは、映画だけで物語が進むわけではないということ。

TVドラマでも世界観が広がります。

最初に放送されたのは『エージェント・オブ・シールド』。

『アベンジャーズ』などに登場したコールソン捜査官が主人公となり、アベンジャーズが所属する組織S.H.I.E.L.D(シールド)の活躍を描きます。

ドラマは映画ともリンクしており、映画の公開に合わせてタイインエピソードも放送されます。

『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』での大事件をS.H.I.E.L.Dの視点から見るなど、映画をより深く楽しめること間違いなし。

シーズン2からは、フェーズ3やその先を見据えたような展開も。

MCUの物語の繋がり合いをたっぷり楽しめます。

TVドラマからもう一作。

『エージェント・カーター』がついに日本にやってきます。

第二次世界大戦後を舞台に、キャプテン・アメリカの恋人だったエージェント・カーターの活躍を描くシリーズ。

トニー・スターク(アイアンマン)の父ハワード・スタークが登場するなど、フェーズ1のより昔の物語です。

さらにNetflixでは『デアデビル』『ジェシカ・ジョーンズ』などのシリーズも配信。

ドラマシリーズを観ることで、MCUを新たな視点から見たり、全てが生まれた過去から見たり、より広い世界観でMCUを楽しめるようになります。

『エージェント・オブ・シールド』シーズン1
発売中

『エージェント・オブ・シールド』シーズン2
デジタル配信中
2016年1月6日(水)第1弾
セル:ブルーレイ:COMPLETE BOX(20,000円+税)発売
DVDレンタル:Vol.1〜4開始/セル:DVD BOX Part1(4,700円+税)発売
2016年1月20日(水)第2弾
DVDレンタル:Vol.5〜8開始/セル:DVD BOX Part2(4,700円+税)発売
2016年2月3日(水)第3弾
DVDレンタル:Vol.9〜11開始/セル:DVD BOX Part3(4,700円+税)発売

『エージェント・カーター』シーズン1
2016年1月20日(水)デジタル配信、
2月17日(水)DVDレンタル、ブルーレイ&DVD発売
ブルーレイ:シーズン 1 COMPLETE Blu-Ray(8,000 円+税)
DVD:シーズン 1(4,700 円+税)