Doctors Me(ドクターズミー)- 知らずにやっているかも?薄毛を加速させるNG行動とは!?

写真拡大

抜け毛が増えて薄毛が進んでくると、育毛剤や養毛剤、特別なシャンプーに取り替えたりする方も多いのですが、その前に、今の生活の中で抜け毛を加速させてしまっているような行動、生活習慣はないでしょうか?
今回は、抜け毛、薄毛を抑える、あるいはこれ以上増やさないために注意すべき生活習慣について医師に解説していただきました。

外食中心の男性は注意が必要!?

まず、食事の栄養バランスがあまりにも偏っている人は要注意です。
特に忙しい方で見られますが、朝は抜き、昼はコンビニでパン、夜は接待で外食…といった日々を送っておられる方。
外食中心の食事だと、どうしても油ものが多く、カロリー過多になりがちです。こういった食生活ではやはり、野菜や果物、海藻などが圧倒的に不足しがちで、髪の毛を育てる栄養素、たんぱく質やビタミン、ミネラルなどがどうしても足りなくなってしまいます。

一般的に、食生活が大きく乱れている方は生活リズムも崩れがちな方が多く、このことも髪の毛の健康、ひいては薄毛の進行に大いに関連してきます。

頭皮はいつも清潔&血行をよくして!

それから、頭皮を蒸らしたり、不潔な状態にしがちな方。まったく髪を洗わない、という方はほとんどいらっしゃらないと思いますが、
・シャンプーをした後、すすぎが甘く成分が頭皮に残ってしまっている
・入浴後乾かさずに寝てしまう
・日中、ヘルメットや通気性の悪い帽子などで、頭皮を蒸れた状態にしてしまっている
これらの行動は、嫌なにおいの元になるだけでなく、雑菌を繁殖させ薄毛にも影響してくると考えられます。

そして、ヘルメットやきつい通気性の悪い帽子は、頭皮の血流にも影響してきます。頭皮の血流が悪くなると、血流に乗って本来髪の毛の根元にある毛根に届けられるべき養分が、届かなくなってしまいます。
お仕事などで安全上、ヘルメットが外せないという方もいらっしゃるかもしれませんが、やっぱり休み時間などは意識的に外して、血行を良くしたり、ムレを改善する工夫が必要なようです。

【医師からのアドバイス】

生活習慣を一気に変えるのは、誰にとってもなかなか大変なこと。簡単に出来ることから、ひとつずつでも変えていくことで数年後、数十年後の髪の毛の量に、大きな変化が出て来るかもしれません。
かといって、髪の量ばかりを気にするのも大きなストレスになりますから、うまくバランスをとってやっていきたいですね。

(監修:Doctors Me医師)