Doctors Me(ドクターズミー)- 気になる加齢臭…自分で臭いに気付くにはどうすれば良い?

写真拡大

自分の臭いは中々自分では気付きにくいもの。特に加齢臭はある日突然臭い出すものではなく、徐々に臭うようになりますし、いつも自分の周囲にありますので、臭いに慣れてしまって自分では気付くことが難しいかもしれないですね。

そんな加齢臭に、いち早く気づくためにはどうすれば良いのか、医師に伺いました

自分では把握しにくいのが、ツラいところ

頭髪の生え際、首の周囲、前胸部、脇の下…といった、加齢臭が出る部位の臭いを自分で嗅ぐことで気付く場合もありますが、実際には難しいものです。 とはいえ、加齢臭が出る以外に湿疹など皮膚に何か症状が表れることもありませんので、体の一部分の変化などからチェックすることもできません。そんなチェックに適しているのが、加齢臭が出る部位に接する衣類などの臭いを嗅ぐこと。

ただ、脱いだ衣類をすぐに嗅いでもわかりにくいことがほとんど。加齢臭は体脂質に細菌感染が加わって増強されますので、脱いだ衣類などを2、3日置いてから臭いを嗅ぐことがポイントとなります。ただ一度着た衣類をそのままにしておくのは不衛生ですよね。そこでおすすめなのが次の2つの匂いチェック。

加齢臭に気づくためのポイント・2つ

1:枕カバーの匂い
頭髪の生え際や首に接する枕の匂いをチェックしてみましょう。数日間使った枕カバーの臭いを嗅げば加齢臭の有無を確認できるでしょう。

2:タオルの匂い
数回入浴した後や汗を拭くことに使ったタオルです。この臭いを嗅いでも加齢臭の有無はわかると思います。確実なのは、数日置いたタオルの匂いを嗅ぐこと。

加齢臭を改善するには…

1:加齢臭専用のシャンプーとボディーソープを毎日使う
コロンなどの他の臭いで加齢臭を消すことは止めた方が良いでしょう。加齢臭と他の臭いが混ざり、さらにひどい臭いになることが多いからです。

2:睡眠不足やストレス、刺激物の多い食事を減らす
これらも、加齢臭を増強させることがありますので、バランスの取れた食事を取って睡眠時間を十分に取るようにして下さい。

3:加齢臭の出る部位に触れる衣服はこまめに交換
加齢臭が出る部位に触れる衣類はまめに交換するようにして下さい。枕カバーやタオルも定期手に交換しましょう。

衣服についた、加齢臭はしぶとい…

加齢臭がついてしまった衣類などは通常の洗剤では臭いが取れにくいことがあります。この点でも他の臭いが入った洗剤で衣類を洗うことは避けた方が良いでしょう。特に部屋干しでは臭いが取れにくいです。どうしても臭いが取れない時は、漂白剤を使うことが有効ですが手間な上、色が落ちてしまうともあります。おすすめは、洗濯をする前に、熱湯に数分つけておくこと。これだけでも臭いはかなり改善されるはずです。

医師からのアドバイス

加齢臭は徐々に起きますので、自分だけでは気付きにくいものです。上記を参考に匂いをまずはチェックし、もし加齢臭が認められれば、清潔に保つことを中心に専用のケアを心がけましょう。その際、他の香りでカバーしようとすると返ってひどい匂いになりますので、専用のシャンプーとボディーソープを使って下さい。

(監修:Doctors Me 医師)