写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ウェザーニューズは12月22日、2015年12月25日〜2016年1月3日を対象として"年末年始の天気"を発表した。

同社によれば、年末年始は冬型の気圧配置の日が多く、北日本の日本海側を中心に雪が降る見込みとのこと。寒気のピークは27日で、北日本の日本海側〜北陸では大雪・吹雪となり、交通機関に影響が出る恐れがあり、北日本の太平洋側でも強い風に注意が必要となる。北日本や北陸だけでなく、近畿北部や山陰の平地でも積雪し、名古屋市など濃尾平野や京阪神でも雨に雪が混じる可能性がある。関東など太平洋側は晴れるところが多いが、厳しい寒さになると予測している。28日以降は寒気のピークを過ぎて寒さが少し緩むが、北日本の日本海側は雪の降りやすい日が続く。

また、元旦は太平洋側の広範囲で初日の出を見ることができる見込みだが、北陸以北の日本海側では、雪や雨が降り、初日の出には厳しい天気になる。山陰や九州北部も雲が多い空になるが、雲の切れ間から、初日の出が見える可能性がある。

同社は、インターネットサイト「ウェザーニューズ」の「年末年始の天気ch.」で3日までの全国の天気予報や道路の渋滞情報などを提供しており、帰省や外出の予定に合わせて最新の情報を確認してほしいとしている。