12月20日、長い停滞期に終わりを告げる瞬間が訪れた。選手だけではなく、コーチも含めた全員がプールに飛び込み、抱き合い、その喜びに酔いしれる。

「つらい、苦しい思いをしてきた歴史があり、今日のこの日を迎えられて本当にうれしい。本当に選手たちはよくやってくれました」

 この日、1984年ロサンゼルス五輪以来、32年ぶりとなるオリンピックへの切符を手にした男子水球日本代表チーム、通称"ポセイドンジャパン"を率いる大本洋嗣ヘッドコーチ(HC)は、大きなプレッシャーを抱えて戦ってきた選手たちにねぎらいの言葉をかけた。

 12月16日から中国・佛山(ぶつざん)で行なわれていた、水球競技のリオデジャネイロ五輪アジア大陸予選。この大陸予選で五輪に出場できるのは、1位の国のみ。ライバルは、アジア王者のカザフスタン、そしてこれまで幾度となく死闘を繰り広げてきた中国だった。

 大会2日目、秘策である"パスライン・ディフェンス"でカザフスタンとの対戦を迎えた日本は先制を許したものの、ポイントゲッターの竹井昂司や足立聖弥を中心にゴールを奪い、第1ピリオドで3点のリードを手にする。中盤から終盤にかけて激しい反撃に、追い詰められながらも、最後はなんとか1点差で王者カザフスタンを下した。

 これで五輪出場に王手をかけた日本は、大会最終日に宿敵中国と対戦。ともに全勝で迎えた事実上の決勝戦は、日本がゴール前で幾度となくファウルを取られ、異常な数のペナルティショットを奪われるというアウェーの日本にとって苦しい戦いだった。しかし、本来は攻撃のためにある日本のパスライン・ディフェンスがここぞという場面で牙をむき、得点を積み重ねていく。結果、16対10で中国を破って夢の五輪出場権を手中に収めたのである。

「4年間取り組んできたパスライン・ディフェンスも機能して、カザフスタンに1点差で勝ったことで勢いに乗れました。最後まで、自分たちのやりたいゲームプラン通りの戦いができたことが、五輪につながったのだと思っています」(大本HC)

 キャプテンとしてチームを支える志水祐介も「先輩たちができなかったことを、苦しみをともにしてきたこのメンバーで成し遂げられて、本当にうれしい」と涙を流した。

 実は4年前に一度、日本に五輪出場のチャンスは訪れている。2011年、中国・上海で行なわれた世界水泳選手権で、初の決勝トーナメント進出を果たし、過去最高順位となる11位という結果も残していた。しかも、アジア大陸予選は日本で行なうという最高のお膳立てがありながら、カザフスタン、中国に敗れてロンドン五輪出場は叶わなかったのだ。志水もこの悔しさを経験した選手のひとりだった。

「自国開催ということでプレッシャーもかなり大きかったですし、そこで負けたことで自信もなくしてしまいました」(志水キャプテン)

 海外での経験値も高い選手が揃っていたにも関わらず、なぜ負けてしまったのか。大会を振り返ってみて考えた大本HCは、ひとつの結論に達する。

「シュート数も少なく、常に攻撃されている印象が強かった。積極性というか、思い切りが足りなかったのではないか」

 早速、翌年から代表チームの大きな改革に乗り出した。それがパスライン・ディフェンスだった。水球のセオリーは、5人でゴール前を固めるゾーンディフェンスだが、パスライン・ディフェンスは一切ゴールを守らず、相手にマンツーマンで当たっていくという型破りなシステム。自陣のゴール前まで下がらないため、攻撃に転じやすくなり、日本の機動力を生かせると考えたのだ。

 世界でも初となるこのシステムに、選手たちからの反発も当然大きかった。しかし何よりも、積極的に点を取りにいくスタイルを作れることに魅力を感じていた大本HCは、選手たちと幾度となく話し合いを繰り返し、現在のシステムを4年かけて作り上げていった。

 個人スキルを上げるために、4年前の大きな挫折を経験した7人の選手のうち5人が、世界トップレベルの選手たちが一堂に会するヨーロッパのプロリーグに身を置いた。そしてアジア大陸予選前、最後の仕上げとして取り組んだのが『2カ月間の完全拘束』だった。2カ月間、選手たちを一度も家に帰さず、グアム、ハンガリー、オーストラリアなど海外を含めた合宿を敢行したのだ。

 大木HCは「五輪に出場するというのは、選手たちの人生を変える出来事です。そのチャンスが目の前にあるのに、集中力を切らしているようでは到底五輪に手なんて届くはずがない。五輪に32年間出られなかったのは、昔の選手たちが下手だったのではなく、それだけ難しいことなんです」と語る。

 選手たちは満身創痍の状態ながらも、4年前の悔しさを知っているだけに、誰ひとりとしてこの2カ月間に気持ちが折れることはなかった。この総仕上げこそが、何よりも五輪出場権を獲得するという『断固たる信念』を持つことにつながり、32年ぶりの五輪出場という大輪の花を咲かせるに至ったのである。

 4年前の呪縛を解き放ち、新たな一歩を踏み出した水球日本代表は、まだスタートラインに立ったばかり。新システムも五輪予選で結果を残したことにより、世界的に研究されていくことが予想される。しかし、五輪で目標に掲げる"ベスト8"に手が届くかどうかのカギを握るのは、やはり攻撃の要であるパスライン・ディフェンスだ。これをいかに進化させていくかが、今後の日本代表チームの課題となる。

『前進なくして、進歩なし』

 世界に先駆けて新システムを開発した大本HCの目には、リオデジャネイロ五輪はもちろん、その先の五輪で活躍する代表チームの姿まで見据えていることだろう。

「五輪のことも考えないといけませんが、しばらく家にも帰していませんから、選手たちには少しだけ休んで英気を養ってもらいたい。リフレッシュして、また来年から新たな気持ちでスタートしていきます」

 少しずつ、確実に進歩を続けてきた日本代表は、リオデジャネイロ五輪という舞台を経験し、さらに新しい一歩を踏み出していく。

田坂友暁●文 text by Tasaka Tomoaki