貝のうまみがジュワーっとあふれ出す!白ワインでお手軽にできちゃうプリップリ「ムール貝の白ワイン蒸し」の作り方☆

写真拡大

「ムール貝の白ワイン蒸し」といえば、フランスに住む人たちに人気のメニュー。もともとはベルギー生まれの料理だそうですが、フランスではシーフードレストランはもちろん、街角のビストロなど多くのお店で食べることができます。

白ワインを入れて蒸し上げることで、ムール貝はふっくら柔らかジューシーに! 貝の旨みたっぷりの汁に、揚げたてのポテトをつけていただくのがベルギーやフランス流の食べ方です。

今回は、あさりの酒蒸しと同じように気軽にできる「ムール貝の白ワイン蒸し」の作り方をご紹介します。(ムール貝はフランスに比べて日本ではやや高いので、量はお好みで変えてください)

【材料(2人分)】


オリーブオイル… 大さじ2
ニンニク… ふたかけ
ムール貝… 1kg’(好みの量で)
玉ねぎ… 小1コ
白ワイン… 100cc ※安いもので十分美味しくできます。
バター… 10〜15g
黒コショウ… 適宜
レモン… お好みで

【作り方】
1.  ムール貝は殻ごとよく洗い、貝のヒゲを取り除きます。キッチンばさみでカットするとラクです。

2.  深めのフライパンにオリーブオイルと粗みじん切りにしたニンニクを入れて、弱火にかけます。

香りが出てきたら、玉ねぎを加えて2〜3分炒め、ムール貝、白ワインの順に加えてフタをし中火で約5分間蒸し煮に。貝が開けばOKです。

3.  全体をよく混ぜてから火を止めます。バターを加え、黒コショウを挽けば完成! お好みでレモンを絞りかけてどうぞ♪

揚げたてのフライドポテト、またはフランスパンを添えていただきましょう♪ 

合わせる飲み物は、ソーヴィニヨン・ブランやリースリングなど、爽やかでフルーティーな辛口白ワイン、ビールならヒューガルデンなどの「ホワイトビール」がオススメです。 

ムール貝は、スーパーだとたまに見かけるくらいですが、魚屋さんであればそこそこの確率で出会うことができます。また築地市場や、茨城県の大洗海鮮市場といった海産物を扱う市場、楽天やアマゾンなどの通販サイトでは、安く大量に購入することが可能です。

一度食べ出すと止まらなくなる、うまみたっぷりでプリップリのムール貝。ぜひお試しください!

レシピ制作・撮影・執筆=sweetsholic (c)Pouch

画像をもっと見る