“年末年始の天気”予想

写真拡大 (全2枚)

 ウェザーニューズは22日、“年末年始の天気”を発表に関する予想を発表した。2015年12月25日〜2016年1月3日の期間が対象。

 それによると、年末年始は冬型の気圧配置の日が多く、クリスマスを過ぎた今週末27日に、寒さのピークを迎える。とくに北日本や北陸全域は荒天になるという。北日本の太平洋側でも強い風に注意が必要。早い帰省者は要注意とのこと。その後、天気は落ち着くが、地域によっては、雨に雪が混じる可能性がある。28日以降は寒気のピークを過ぎ て寒さが少し緩むが、北日本の日本海側では雪の降りやすい日が続く見込みだ。

 年が明けた元日も、冬型の気圧配置だが、太平洋側の広い範囲で、初日の出を見られる可能性が高い。北陸以北の日本海側では、雪や雨が降り、初日の出は厳しい模様。

 ウェザーニューズでは、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」、インターネットサイト「ウェザーニュース」の『年末年始の天気Ch.』などで、最新予報を公開中。『年末年始の天気Ch.』では、3日までの全国の天気予報のほか、道路の渋滞情報、旅行先からの実況リポートやゲレンデ情報なども配信中。

■関連リンク
ウェザーニュース『年末年始の天気 Ch.』