「ゲーマー」は誰のための言葉か:ゲームの世界のジェンダー問題

写真拡大

最近の調査によると、ゲームを楽しむ人の数は男女でほぼ等しいが、「ゲーマー」というアイデンティティーは男性のものだと考えられている。ゲーム業界の中にある性差別問題を批判する動画や、それに伴う脅迫事件なども紹介。

ゲームは男性の娯楽だと考えられることが多い。そうしたなかで、女性ゲーマーはとかく脇に追いやられ、攻撃されることもある。しかし、シンクタンクのピュー研究所がこのほど行ったゲーム愛好家に関する全般的調査(日本語版記事)によると、男性と同じ数の女性がゲームをプレイしている。ただ、男女の認識のされ方は違っている。

「「ゲーマー」は誰のための言葉か:ゲームの世界のジェンダー問題」の写真・リンク付きの記事はこちら

ゲームは、男性と女性にほぼ等しく楽しまれている。つまり、男性は50パーセント、女性は48パーセントが、ゲーム機、パソコン、あるいは携帯機器でゲームをプレイすると答えている。また、米国では、「18歳以上の成人女性ゲーム愛好家」数が、「18歳未満の少年」の2倍であるという調査結果も発表されている(日本語版記事)。

しかし、「ゲーマー」というアイデンティティーは、男性のものだと受け取られている。男性も女性も、「ゲーマーの大半は男性だ」と考えているのだ。また、ゲーマーを自認する人は、男性だと15パーセントなのに対し、女性だと6パーセントだ。

この男女差は、「ゲーマー」を自認する人が最も多い18〜29歳の年齢層において最も顕著だ。この世代では、男性回答者は33パーセントが「自分はゲーマーだ」と答えたのに対し、女性は9パーセントだった。

興味深いのは、ゲームをプレイする男女の両性とも、ゲームと男性を結びつける人が多数派であることだ。調査を受けたゲームをプレイする男女の60パーセントが、ゲームは「男性の活動」だと考えていた。

女性は、ゲーム界で歓迎されないことが少なくない。ヴィデオゲームにおける女性の描かれ方を批判したYouTube動画シリーズ「ヴィデオゲームにおける修辞対女性」(Tropes vs Women In Video Games:冒頭の動画はそのひとつ)を発表したアニータ・サーキーシアンは、殺害やレイプなどを予告する脅迫を受けている(日本語版記事)。

また、「ゲーマーゲイト」(Gamergate:ゲーム開発業界の中の性差別などをめぐって延々と行われている論争や、それに伴う女性たちへの脅迫問題)も、「ゲーマー」は多くの場合、性差別主義の若い男性だという認識を増大させている。

TAG

GamerGenderResearchWIRED UK