2015年の日本経済は、為替が1ドル=120円台前半を維持し、日経平均が約2000円上昇して2万円台に接近した1年だった。株価について、ぐっちーさんこと投資銀行家の山口正洋氏、慶應義塾大学ビジネススクール准教授・小幡績氏、双日総研チーフエコノミスト・吉崎達彦氏の3人の経済論客が意見を戦わせた。

吉崎:2016年の日本経済を展望すると、外部環境だけ見たら、日本ほど安心できる国はないですよ。

山口:同感ですね。日本で大規模なテロが起きるというのも非現実的ですし、何より景気がよくなっている。

吉崎:原油安で日本の化石燃料調達コストは2013年度と比較して約10兆円減る見通しで、その下支え効果がある。経常収支の黒字も2013年度の8000億円から17兆円規模にまで改善している。ただし為替は、1ドル=110円台の円高になると見ています。そうなると輸出企業の比率が高い日経平均株価はあまり期待できない。

 株式市場の時価総額は名目GDP(国内総生産)のプラス2割までが適正とされるので(※注)、現状の水準でほぼいいのかなと。

【※東証1部の時価総額は約580兆円。2015年度の名目GDPは約500兆円の見通し】

山口:それは著名投資家のウォーレン・バフェットが一番頼りにしているといわれる水準で、「バフェット指数」と呼ばれてますよね。

吉崎:そこから考えると、日経平均は2万円前後で横ばいといったところでしょうか。

小幡:いろいろな指標を見ても日本の物価は安すぎますから、どこかで修正されるでしょう。アメリカの利上げが実施されたとしてもせいぜい年2回ほどで小幅でしょうから、日米の金利差もさほど拡大しない。日銀の追加金融緩和はもうないでしょうから、1ドル=115円くらいが妥当で、場合によっては105円くらいまで行く可能性もある。株価は下がると思いますね。特に2015年後半は日本だけが上がったので、その分、2016年は崩れやすい。

 日経平均でいえば1万8000円前後で、2015年8月の世界的な株安のようなショックがあれば、1万6000円台もあり得ると思います。

山口:僕も基本的には同じ見方。日経平均が瞬間的に1万6000円になっても驚かない。ただ、そこまで下がるとGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が買い支えるから、下がってもそこまで。僕自身、米国やシンガポール、欧州など世界中を転々として感じるのは、為替は1ドル=100円が妥当ということです。120円だと日本の物価が安く感じるし、80円だと海外での買い物が安すぎる。物価的にバランスが取れるのは100円ですよ。

小幡:株高、円安、インフレを目指したアベノミクスは、株高、円安を実現し、結果として日本総悲観論からの脱却に成功した。インフレの実現には失敗したが、インフレはよくないので結果オーライで、手法は100%間違っているが結果は現時点ではベスト、残念ながら100点を与えざるを得ない(笑い)。しかし、悲観論脱却に成功したデフレマインド脱却をひたすら唱える「おまじない」は二度は通用しない。

 これからの経済は、失点をせずに守り切る「アウェーの戦い」を強いられ、下手な経済政策は打たない方がマシです。

●ぐっちーさん(山口正洋)やまぐち・まさひろ/投資銀行家。1960年東京都生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、丸紅入社。その後、モルガン・スタンレーなど欧米の金融機関を経て、投資会社を設立。M&Aから民事再生、地方再生まで幅広く手がける一方、「ぐっちーさん」のペンネームでブログを中心に活躍。著書に『ぐっちーさん 日本経済ここだけの話』(朝日新聞出版刊)など。

●小幡績 おばた・せき/慶應義塾大学ビジネススクール准教授。1967年千葉県生まれ。東京大学経済学部卒業後、大蔵省(現・財務省)に入省。1999年退職。一橋大学経済研究所専任講師などを経て、2003年から現職。専門は行動ファイナンスとコーポレートガバナンス。年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)委員も務めた。著書に『円高・デフレが日本を救う』(ディスカバー携書)など。

●吉崎達彦 よしざき・たつひこ/双日総研チーフエコノミスト。1960年富山県生まれ。一橋大学社会学部卒業後、日商岩井入社。米国ブルッキングス研究所客員研究員や経済同友会代表幹事秘書・調査役などを経て2004年から現職。著書に『アメリカの論理』『1985年』『オバマは世界を救えるか』(いずれも新潮社刊)など。ブログ『溜池通信』は貿易統計から米大統領選まで解説する人気サイトだ。

※週刊ポスト2016年1月1・8日号