「SynTouch」がロボットに与える「手触り」

写真拡大

ロボットメーカーのSynTouch社は、人間の触覚をヒントにした、ロボットの触覚センサーを開発している。

「「SynTouch」がロボットに与える「手触り」」の写真・リンク付きの記事はこちら

色には、「パントン色見本帳」などの規格がある。だが、テクスチャ(手触り)を表現したり評価したりするプロセスは、しばしば主観的になるものだ。メーカーはふつう、顧客企業にサンプルを送り、何人かの人が直接触って、判断を下す。

テクスチャの工業規格が存在しないわけではない。国際標準化機構(ISO)などの組織がこうした規格をすでにつくっているが、ロボットメーカーであるSynTouch社の共同創業者マット・ボーゼージは、そのような規格は不十分なことが多いと話す。

「大多数の会社は、規格の測定で伝えるのではなく、物理的なサンプルを顧客に送ったり、社内の専門家を飛行機で工場から工場へと回らせたりしている」

SynTouch社には別のソリューションがある。触れた感覚をロボットに与える触覚センサーだ。同社はこのセンサーを使い、人工繊維から、石のような天然材料まで、500以上の素材を分類したSynTouch規格をつくった。

この規格は、粗さ、スムーズさ、摩擦、熱的特性など15の要素に基づく。平らな表面のテクスチャを測定・分類する標準プロセスをつくり、「2つの物の手触りが同じか」という問題から主観を取り除こうというわけだ。

SynTouch社は、南カリフォルニア大学の医療機器開発機関からスピンアウトしており、当初は義肢の開発が中心だった。同社の事業のコアになるのは「何かに触れたときには、単にその表面を感じるだけではない」という洞察だ。同時に、物をわずかにだが変化させているのだ。

指は熱を放出するし、どんなにそっと触れても圧力を与える(ほとんど感じられないくらいかもしれないが)。つまり、人は単に物を感じるだけではなく、「触れたことへの反応」も感じているのだ。Syntouch社の「BioTac」センサーは、これをエミュレートしようというもので、熱を出し圧力を与えることで、測定する表面を、まるで人間が触れている場合とほとんど同じように変化させる。

SynTouch社は義肢開発も続けており、例えば、義手をさまざまな触覚的知覚に反応させ、「反射」を与えることに取り組んでいる。しかし、義肢の分野だけではない。ボーゼージ氏によると、SynTouch規格の顧客には、自動車メーカー、家電メーカー、アパレル企業などが含まれている。

製品を標準化したいという需要や、合成素材(例えば人工皮革)が本物のような感触かどうか知りたいという需要もある。これらは、かつて人間だけに可能だった仕事をロボットが行う一例と言える。

関連記事:
サムスン「ロボットによる精密作業」でコスト削減

TAG

RobotTexturesWIRED US