モウリーニョのユナイテッド行きが基本合意か

写真拡大

▽イギリス『ザ・サン』は21日、ジョゼ・モウリーニョ氏(52)がマンチェスター・ユナイテッドを指揮することについて、同クラブと基本合意したと報じた。

▽現在、直近の公式戦6試合で3分け3敗と不調に陥っているユナイテッドでは、指揮官のルイス・ファン・ハール監督を解任すべきとの声が高まっている。伝えられるところによれば、ユナイテッドの上層部は、先日、チェルシー指揮官を解任されたモウリーニョ氏と接触。ファン・ハール監督を解任した際に、クラブの指揮官に就任することに関して、基本合意したという。

▽モウリーニョ氏と基本合意に至った今、あとはユナイテッドがファン・ハール監督を解任するかどうかを決断するだけのようだ。『ザ・サン』は、ユナイテッドのオーナーを務めるグレイザー一家が、今すぐにファン・ハール監督を解任するか、26日に行われる次節のストーク・シティ戦の結果を待つか考慮していると伝えている。