写真提供:マイナビニュース

写真拡大

スターティアラボは、印刷・WEB 制作会社向けの店舗アプリ制作支援ソフト「AppGoose(アップグース)」において、12月24日より機能の拡充を行い、従来は、「個店ごと」の店舗アプリの制作や運用支援を行うことができたが、新機能「まとめアプリ機能」では、「チェーン」展開を行っている店舗のアプリ制作および運用支援が可能となった。

「まとめアプリの機能」では、ブランドロゴなどオリジナルのデザインで店舗アプリの提供が可能で、お知らせ機能でアプリをインストールしているユーザーにキャンペーンの開始などの案内を行うことができる。

また、店舗名や地図からなど、探したい店舗を検索することが可能なほか、キャンペーンなどを紹介するページを作成できる。

その他、チェーン店だけでなく、各印刷・WEB 制作会社が得意をする「業界」や「エリア」ごとに括ることができるため、商店街の店舗の顧客が多い印刷・WEB 制作会社であれば、商店街のアプリを開設し、登録店舗を募るといった方法を取ることが可能だという。

価格は、パッケージ費が100万円、サーバ初期費用が10万円、サーバ利用料が月額19,800円(全て税別)。