サービス構成

写真拡大 (全3枚)

 NTT東日本は21日、クラウド型PBXサービス「ひかりクラウドPBX」を発表した。大規模法人ユーザー、中堅・中小企業に向け、2016年1月21日より提供を開始する。

 「ひかりクラウドPBX」は、内線通話機能、グループ着信機能、転送機能等をクラウドサービスで提供するもの。ビジネスフォンのほか、スマートフォンやパソコンなどにも対応し、無料で内線電話を利用できる。これにより、各拠点のPBX/ビジネスフォンが集約できるという。

 クラウド型のため、PBX/ビジネスフォン主装置を、社内に設置する必要はなく、複数拠点ある場合でも内線通話が可能。各種設定(内線番号追加、変更等)はWeb上で簡易に変更が可能。スマートフォンやパソコンからの利用には、専用アプリケーションが必要。Wi-Fi環境をあわせて構築することで、スマートフォン等を利用し、オフィス内電話環境の無線化ができるとのこと。

 内線(ID)数は最大500内線(ID)まで対応。対象エリアは東日本エリア内。「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」または光コラボレーション事業者が提供する光アクセスサービスの契約が最低1契約あることが条件。月額利用料は、10IDパック(全体チャンネル10ch含む)が1契約ごと10,000円など。