『AMY(原題)』 ©2015 Universal Music Operations Limited. photo ©Rex Features

写真拡大

エイミー・ワインハウスのドキュメンタリー映画『AMY(原題)』が、2016年夏に東京・角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開される。

【もっと大きな画像を見る】

1983年にイギリス・ロンドンに生まれ、2011年7月に27歳で亡くなったエイミー・ワインハウス。2006年発表の2ndアルバム『Back to Black』が世界で1200万枚のセールスを記録したほか、2008年の『グラミー賞』で最優秀新人賞、最優秀楽曲賞など5部門に輝いたが、アルコールや薬物の依存症に悩まされ、死の直前となる2011年6月にはステージ上で泥酔するなどのトラブルを起こし、治療に専念するため無期限の活動休止に入ることが示唆されていた。

『AMY(原題)』は、スキャンダルの陰に隠れた彼女の姿を、未公開映像やプライベート映像などで映し出した作品。監督はドキュメンタリー『アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ』のアシフ・カパディアが務めている。