▽京都は22日、U-22日本代表候補のDF高橋祐治(22)が讃岐から期限付き移籍期間満了に伴い復帰することを発表した。

▽高橋は京都下部組織出身で、今シーズンは讃岐に期限付き移籍。J2で32試合出場1得点、天皇杯で2試合に出場していた。また、U-22日本代表候補にも選出されている。高橋は京都を通じてコメントを残している。

「京都の皆さん、ただいま。1年間、讃岐で経験したことを活かし、京都をJ1昇格へ導けるように頑張りたいと思います。そして、育った街・京都を盛り上げ、京都府民の皆さんから応援されるチームにしたいと思っています」

「J1昇格は、選手・スタッフはもちろんですが、ファン・サポーター、クラブに関わるすべての人が本気で思わないとかないません。だからこそ、みんなで一緒に闘ってください。これからも応援よろしくお願いします」

▽また、1シーズン在籍し主力としてプレーした讃岐を通じてもコメントしている。

「この度、京都サンガに戻ることになりました。讃岐で過ごした1年間は僕を心身共に成長させてくれた、かけがえのない時間になりました。カマタマーレサポーターの皆さんは、いつも本当に温かく優しく見守ってくれました」

「なかなか勝てない時もネガティブな言葉を一切言わずに、ポジティブな言葉を掛けてくださり、心からみんなを喜ばせたいと思いました!」

「勝利のダンスをみんなで踊れないのは寂しいですが、京都に戻って飛躍できるように、引き続き頑張ります!僕に携わって頂いた、すべての方に感謝しています。本当にお世話になりました。そして、本当に本当に最幸な時間をありがとうございました!!」