写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ウィットはこのほど、同社が開発・運用しているダイエットアプリ・ウェブサービス「あすけん」において、2015年1月〜11月にユーザーが入力した約1億件の食事記録から市販食品のみの記録回数を集計。2015年にダイエッターがよく食べた市販食品ベスト10をまとめ、その結果を管理栄養士のコメントと共に紹介した。

2015年は、2014年と同様に、ダイエット中に不足しやすい野菜・果物・乳製品などを補う市販食品が多くランクイン。特徴としては、「食べると特定の効果を期待できる」という機能性に着目した商品や、ココナッツオイルのような「スーパーフード」、糖質量を気にする人向けの「糖質オフ」をうたった食品の登録数が伸びている。また、TOP10内に及ばないものの、「腸内環境改善」「低カロリー」「各症状緩和への期待」などから、機能性成分が豊富な「機能性ヨーグルト」を活用する方が多く見られた。以下に、管理栄養士のコメント(カッコ内)と共にベスト10を紹介。

1位は、カルビー「フルーツグラノーラ」で、記録回数は22万252回。2014年に続いて1位を獲得した。「フルーツグラノーラは食物繊維や鉄などが多く含まれた栄養豊富な食品。"朝食を抜くと逆に太る"という考えが浸透し、朝食に手軽に食べられるフルーツグラノーラを選ぶという人が増えてきています」。

2位は、カゴメ「野菜一日これ一本」で、記録回数は13万9,866回。「不足しやすい野菜を手軽に補える野菜ジュースは、ダイエッターにも大人気です。甘さ控えめで低カロリーなところが人気のようです」。

3位は、キッコーマン飲料「調製豆乳」で、記録回数は13万3,512回。「特に女性から支持を得ている豆乳。牛乳よりも脂質が少なく、女性ホルモン同様の働きをするイソフラボンが含まれることから、美容目的で愛飲している方も多くみられます。また、鉄・ビタミンEといった女性に必要な栄養素も豊富です」。

4位は、伊藤園「1日分の野菜」で、記録回数は12万3,947回。2014年同様、4位にランクインし、野菜ジュースとしては2位。「果物が入っている野菜ジュースが多い中、『野菜だけを30種類も使っている』という点が支持されている理由のようです」。

5位は、DHC「マルチビタミン 30日分」で、記録回数は11万9,916回。「マルチビタミンは栄養素の不足が気になる人の手軽な解決策として多く選ばれています。マルチビタミン以外では、24位に『ヘム鉄』(DHC)、29位に『マルチミネラル』(DHC)がランクインしました」。

6位は、雪印メグミルク「ナチュレ 恵 megumi 脂肪0(ゼロ)」で、記録回数は11万4,613回。2014年の8位から6位にランクアップ。「ヨーグルトは、朝食や間食に利用されるダイエット中の定番食品です。乳酸菌の働きにより、お通じの改善が期待できるところも人気のポイントです」。

7位は、森永乳業「ビヒダスBB536 プレーンヨーグルト脂肪0」で、記録回数は10万4,371回。「カロリーを気にするダイエッターには、"脂肪ゼロ"が特にニーズがあるようです。脂肪ゼロのヨーグルトの場合、普通のものよりも約20kcal程カロリーを抑えることができます」。

8位は、大塚製薬「ネイチャーメイド スーパーマルチビタミン&ミネラル」で、記録回数は6万6,628回。「5位に引き続き、マルチビタミンのサプリメントがランクイン。コンビニやドラックストアで手軽に手に入るビタミン剤に人気が集まっています」。

9位は、明治「明治ブルガリアヨーグルトLB81 そのままおいしい脂肪0プレーン」で、記録回数は6万5,785回。「同商品は整腸作用が認められている特定保健用食品(トクホ)です。2015年はトクホ以外にも、機能性表示食品や健康をうたった機能性ヨーグルトの人気が高く、14位に特定保健用食品の『明治ブルガリアヨーグルトLB81 プレーン』(明治)、18位に機能性表示食品の『朝食 BifiXヨーグルト 脂肪ゼロ』(グリコ乳業)、33位に風邪、インフルエンザの罹患リスクの低下効果を期待できる機能性ヨーグルト『明治ヨーグルトR-1 ドリンクタイプ』(明治)が登場しています」。

10位は、セブンプレミアム「サラダチキン(プレーン)」で、記録回数は6万4,677回。「2014年は17位だったサラダチキンが10位にランクアップ。ジョギングや筋トレをする男性に圧倒的な支持を得ていましたが、2015年もその傾向を引き継いでいます。料理でアレンジしやすいオーソドックスなプレーンが一番人気ですが、『サラダチキン(ハーブ)』も21位と上位にランクインしました」。

(木下健児)