ビールブランドの王子、レトロな新デザインへ

写真拡大

米国で人気のビール「Bud Light」の缶が、かなり大人っぽい雰囲気の外観に変化した。由緒あるデザインへの回帰は、ビール業界全体で見られる現象だ。

「ビールブランドの王子、レトロな新デザインへ」の写真・リンク付きの記事はこちら

米国で人気のビール「Bud Light」の缶が、かなり大人っぽい雰囲気の外観に変化した。

缶の色はブルーのままだが、見慣れた楕円形のスジ模様はなくなり、「バドワイザー」と同じ、アンハイザー・ブッシュ紋章に置き換えられている。

書体も変化している。イタリック体の「Bud Light」ではなく、ウォッカ「Absolut Vodka」のボトルを彷彿とさせる太い活字が採用されている。

厳密にいえば、この新しいデザインは歴史あるものだ。太字のレタリングと紋章の組み合わせは、1980年代にまで遡る。当時のBud Lightの缶には、「Bud Heavy」で今も見られる赤白のカラーを採用した、似たようなデザインが施されていた。

このような「昔のデザイン」への回帰は、ビール業界全体で見られる現象だ。近年には、「Miller Lite」と「Coors Lite」がともに、アドレナリンを刺激するような、男っぽい3Dという昔のグラフィックを採用しつつも、より控えめな以前のデザインへと戻っている。そのデザイン効果は、「日曜日にフットボールを観戦しながらビールを浴びるように飲む」といった雰囲気から、「誰かの狩猟小屋でビリヤードをプレイする」というイメージにより近くなっている。

こうした動きが、活況のクラフトビール産業への反応なのか、あるいは、簡素化されたデザインへのより大きなトレンド(日本語版記事)から遅れないようにするためなのかは分からないが、いずれにしても功を奏しているようだ。

ブルームバーグの昨年の記事によると、レトロ缶のMiller Liteの売上げは18パーセント上昇したという。近年、販売不振にあるBud Lightも、同じようなレトロ缶効果を求めているに違いない。

Bud Lightにとって過去8年で初めてのデザイン改訂となるこの缶は、Jones Knowles Ritche社がデザインを手がけた。この新しい缶が、店舗や学生寮に登場するのは来春となる見通しだ。

TAG

Beerproduct designWIRED US