ラップが紡いだ「スター・ウォーズ」を、歌詞データから分析してみた

写真拡大

ラッパーたちもスター・ウォーズを愛している。最強の「ジェダイMC」を決めるべく、数百万曲の歌詞を調査。リリックのなかから、頻出するキャラクターや場所、アイテムなどを指す遥か彼方の銀河系の言葉を調べ上げ、統計にまとめた。

「ラップが紡いだ「スター・ウォーズ」を、歌詞データから分析してみた」の写真・リンク付きの記事はこちら

ウェブ上でラップの歌詞に注釈を付けていくクラウドサーヴィス「Genius」(かつては「Rap Genius」というサーヴィス名だった)が、数百万の楽曲のなかから有名ラッパーたちが使ったスター・ウォーズの「引用」を探してくれた。

結果、判明した範囲では、歴史上初めてスター・ウォーズに関する言葉が引用されたフレーズは、クール・モー・ディーの1987年の楽曲「How You Like Me Now」にあった。次のようなリリックだ。

「ジェダイの帰還みたいに帰ってきてと、その場にいたダメなMCが言ったよ。俺は自分のライム(韻)とみんなをロックさせられる。だけどレコードはロックしないんだ。いまでも俺が好きかい?」(comin’ back like Return of the Jedi/sucka MCs in the place that said I/could only rock rhymes and only rock crowds/but never rock records: how ya like me now?)

もう少し凝ったものでは、ビズ・マーキーがその翌年に出した「Just Rhymin’ with Biz」だろう。「ヨーダやR2-D2を見たかったから、BQを飛ばしてスター・ウォーズを観に行った」(I watched Star Wars just to see Yoda/Or R2-D2 driving down the BQ./ニューヨークに住んでいないファンのために説明すると、BQとはブルックリン-クイーンズ高速道路のことだ)

クール・モー・ディーは、(少なくともGeniusによれば)「いちばん最初の引用」という点においては、金メダルを獲得したといえるだろう。だが、メダルはそれだけではないのだ。わたしたちは本物のジェダイ、つまり「最強のフォースをもったラッパー」を決めるために、銀河を探し回った。

“ジェダイMC”の栄誉は、エミネムに

ウータン・クランは、スター・ウォーズを〈10回〉引用している。しかし(それに増して)ミディ=クロリアンともいうべきMCを見せてくれるラッパーが、エミネムだ。ラップ界のヨーダ、つまりプロデューサーのリック・ルービンのおかげで、彼はパダワンを経て、ジェダイの騎士になれたわけだ。

エミネムによる〈12回〉に及ぶスター・ウォーズの引用に際して、エミネム自身は何度もフォースの両サイド、ダークサイドとジェダイサイドを行き来している。わたしたちのお気に入りの歌詞でエミネムは、「Stay Wide Awake」で、「ジャバ・ザ・ハット、おねんね、おねんね。そろそろ死に時だよ」と歌っている。

ラッパー別ランキング。「スター・ウォーズ」についてもっとも引用回数が多い「ジェダイMC」は誰か。

スター・ウォーズのキャラクターで誰がもっとも多く引用されているかといえば、ダース・ベイダーがナンバーワンなのは当然だろう。その凄まじいパワーに魅せられ、haterからBapester、Decaturまでが彼の名をラップしている。

ラッパーたちは、ダース・ベイダーが孕む悪とパワーとを、よく引用する。例えばリュダクリスは、「Beast Mode」でシス卿の家系に敬意を表した。「女たちが産気づいている。もし星が戦いを望むなら、俺はダース・ベイダーみたいなパパだ」

リリックのなかに登場するキャラクター名を、引用回数でグラフ化。〈15回〉登場のオビ=ワン・ケノービは、健闘しているといえるのではないだろうか。

C-3POは、自分の名前がほとんど使われていないことを知って落ち込むかもしれない(といっても、〈2回〉しか引用されていないレイアよりは多いが)。ところが、保護観察官(parole officer=P.O.)とかけてC-3POをリリックに登場させるラッパーを数に入れれば、その登場回数はさらに増える。カニエ・ウェストは「Blessings」で、ビッグ・ショーンは「Celebrity」でそれをやったが、メソッド・マンは「Rap Phenomenon」で最も冗舌にラップした。「スター・ウォーズ、俺はエゴが3つ、罪が3つあるハン・ソロだ。保護監察官3人と会わなくっちゃ(see three P.O.s)」

場所に関して言うと、ラッパーたちはデス・スターを好む傾向にある。

場所でもっとも引用されているのは?

ラッパーたちはエンドアの毛むくじゃらの動物、イウォークを驚くほどよく引用している。だが、それにも増してダントツで引用されているのがライトセーバーだと知っても驚かないだろう。

なかには、間接的にメッセージを伝えるよくできたラップもある。アブ・ソウルは「Gone Insane」で、「スカイウォーカー in the blunt、ダース・ベイダー in the cup」と歌っている(bluntは英語のスラングで「葉巻の中身をマリファナに詰め替えたもの」を意味する)。ライトセーバーの色を思い返してみると、ルークは緑(green=マリファナ)、ベイダーは赤(red=咳止めシロップ)だ。メイス・ウィンドゥは紫のライトセーバーを振り回すので、彼はシズラップ(麻薬カクテル)が好きかもしれない。

その他のスター・ウォーズ用語の引用回数。

では、「最高のラップ」は? スター・ウォーズラップのジェダイマスター、エミネムは「Rain Man」でこんな複雑な状況を展開している。なんとダース・ベイダーがレックス・ルーサーと手を組んで、スーパーマンを殺したのだ。

『WIRED』が贈る、「スター・ウォーズ」特設ページ公開中!

いよいよ公開した『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』をもっと楽しむべく、『WIRED』日本版VOL.18「スター・ウォーズ」特集のコンテンツとウェブでしか読めないJ.J.エイブラムスの最新インタヴューを公開! SWを生み出したILMの40年史を辿る貴重な証言集、新「スター・ウォーズ」を担うことになった6人の猛者たちへのインタヴュー、監督J.J.エイブラムスの真髄に迫る論考…and more! スター・ウォーズ特設ページはこちらから。

TAG

MusicStar WarsWIRED US