新国立競技場がA案に決定 日本の伝統建築「垂木」が特徴

ざっくり言うと

  • 22日、新国立競技場は建築家の隈研吾氏グループが手掛けたA案の採用を決定
  • 日本の伝統建築に用いられる「垂木」を想起させるひさしが特徴である
  • 総工費は約1490億円で、政府が設定した上限1550億円の条件を満たした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング