パッケージが可愛いだけじゃない!

写真拡大

エースコックは2015年12月7日、「うる星やつら あっさり醤油ラーメン 高橋留美子ふるさとの味わい」「らんま1/2 濃厚味噌ラーメン 高橋留美子ふるさとの味わい」を発売した。

人気の漫画「うる星やつら」「らんま1/2」の作者である高橋留美子氏の出身地、新潟市のご当地ラーメンを再現したカップめん。パッケージに大きくキャラクターがプリントされ、漫画ファンを中心に購入者が相次いでいるよう。その味にも高評価が寄せられている。

ちゃんと味があるっちゃ!

「あっさり醤油ラーメン」はチキンをベースに魚醤や煮干の旨みを加えたしょう油スープで、別添の調味油を加えると鶏油の風味が広がる。「うる星やつら」のヒロイン・ラムちゃんは、地球上の食べ物について「味がないっちゃ!」と評しているが、このラーメンはもちろんしっかり味がある。

「濃厚味噌ラーメン」は数種類のポークエキスを使用し、ガーリックやオニオンなどの香味野菜の旨みを加えた濃厚なみそスープに仕上げた。

いずれもめんは新潟県産コシヒカリの米粉を練り込み、「味噌ラーメン」の方は太めんを用いている。

パッケージにはラムちゃんや早乙女乱馬(らんま1/2)らのキャラクターが大きく描かれていて、漫画ファンらが「可愛い!」などと盛り上がり、買い求めているようだ。

可愛さだけでなく、そのお味も

「うる星のカップ麺美味しかった!オススメ」
「うる星の方食べてみて控えめに言ってめちゃくちゃ美味しかった」
「らんま1/2のカップ麺。生姜がきいててうまい」
「らんまのカップ麺は普通に美味しかったです」

と、評判は上々だ。

「Pちゃん味」の濃厚味噌ラーメン!?

ラムちゃんといえば、作品内で手料理が辛すぎるということでおなじみとあって、「あっさり醤油ラーメン」に対し「激辛とかじゃないですよね......」と怯える声も上がっているが、辛さは全くない模様。漫画ファンだが辛いものは苦手という人も安心して食べられるし、「せっかくラムちゃんなんだから辛くしたい!」という思いから、一味唐辛子を加えて食べたというファンの報告もあった。

「濃厚味噌ラーメン」のパッケージには「豚の旨味」と書かれているが、「らんま1/2」のキャラクター、響良牙(ひびき・りょうが)は、水をかぶると豚(Pちゃん)になり、お湯をかぶると元の人間の姿に戻るという設定だ。

このことから、

「らんまは豚の旨味味噌...Pちゃん...Pちゃんの旨味...ほう...」
「豚=Pちゃん...お湯付けると元に戻るからこれは最早良牙味...!!」

と面白がる声も。

漫画ファンならではの楽しみ方もあり、美味しいカップめんとしても楽しめる、一石二鳥の商品だ。

希望小売価格はいずれも180円(税抜)。