名古屋大学医学部付属病院で患者死亡 3年にわたり肺がんを見逃す

ざっくり言うと

  • 21日、名古屋大学医学部付属病院は医療ミスがあったことを発表した
  • CT検査をしていた通院患者の肺がんを約3年にわたって見逃していたという
  • 患者は肺がんが悪化して死亡し、病院は今後遺族への賠償に応じるとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング