画像

写真拡大

 神戸デジタル・ラボ、京都大学、電気通信大学、三井不動産リアルティ、ポテンシャルユナイテッドは、駐車場の利用者の行動履歴を活用して個々人に最適な情報を配信する実証実験に向けた取り組みを開始した。

 神戸デジタル・ラボ(KDL)、京都大学、電気通信大学は、研究開発を進めているデータ活用技術「マイクロナレッジ技術(※)」を用いて、三井不動産リアルティ、ポテンシャルユナイテッドと共に、駐車場の利用者の行動履歴を活用して個々人に最適な情報を配信する「駐車場データと周辺環境の関係性に基づく情報配信の最適化」の実証実験に向けた取り組みを開始した。

 具体的には、同技術を用いて三井不動産リアルティが管理・運営する「三井のリパーク」駐車場の利用者の行動履歴と周辺情報を組み合わせてナレッジ化し、情報を配信する実証実験を予定している。例えば、ある時間のある場所では、ユーザーにどのようなニーズがあるかを判断して情報配信する等のサービスを想定。

 将来的には、駐車場利用者に対して目的地となりうる周辺施設等をレコメンドするなど、移動通信を活用したIoTシステムによって、WEBアプリやカーナビなどによる新たな駐車場サービスの創造を目指す。

※マイクロナレッジ技術:画像や音声、行動履歴などのコンテンツを場所や時間などの周囲の状況とともに「出来事を表すナレッジ」として数値化し、周辺の状況を介してコンテンツ同士を結び付ける技術

MarkeZine編集部[著]