画像

写真拡大 (全2枚)

 2015年12月22日発行の『ゼクシィ海外ウエディング2016 Spring&Summer』に、手軽にVR体験ができる『ゼクシィ立体スコープ』が付属される。今回はハワイの結婚式場の下見が疑似体験できる。

 リクルートテクノロジーズは、2015年12月22日発行の『ゼクシィ海外ウエディング2016 Spring&Summer』に、手軽にバーチャルリアリティ(VR)体験ができるヘッドマウントディスプレイ『ゼクシィ立体スコープ』を付属させることを発表した。組立て型のヘッドマウントディスプレイとスマートフォンの画像を組み合わせることにより、まるで実際にハワイのリゾートエリアを訪れているかのような擬似体験ができる。

 ゼクシィが9月に実施したアンケートによると、「海外挙式を検討しなかった理由」として約30%の新郎新婦が「事前に会場の下見などが出来ないから」と回答していた。同社ではこの課題に対応するため、2015年6月にリクルートマーケティングパートナーズが主催するイベント内においてVR体験コーナーを設置したところ、好評だったため今回の付録をつけるに至った。

MarkeZine編集部[著]