MakeUseOf:秋のWindows 10のアップデートでは、スタートスクリーンにより多くのタイルを置けるようになるなど、さまざまな点が改善されました。そして、Windows 10のアプリを、SDカードのような外部メディアにインストールできるようにもなったのです。

「設定」>「システム」>「ストレージ」で、保存場所を選ぶ際に、「新しいアプリの保存先」をSDカードにします。そうすると、SDカードにアプリのデータが保存されるようになります。

また、すでにPC上にあるアプリをリム―バルメディアに移すこともできますが、それは、手動で行う必要があります。まず、ストレージのセクションのトップ(「場所の保存」のすぐ上)に表示される、PC(システムドライブ)をクリックしてください。すると、このPCがどのくらいの容量を使っているかがわかります。

ストレージ使用量が表示された先で、「アプリとゲーム」をクリックします。表示されるアプリのリストから、外部ストレージドライブに移動させたいアプリを選んでクリックしましょう。次に「移動」をクリックします。ただし、このオプションは、アプリによっては使えないこともあります。

では、すべての移動させたいアプリに対して、同じ動作を行ってみましょう。簡単ですね。

注意してほしいのは、この方法が使えるアプリは限られているということです(つまり、広く使われているアプリや最新のアプリでないと使えません)。また、この方法では、デスクトップにあるアプリのインストールの場所を変更することはできません。


Free Up Disk Space by Moving Windows Apps to External Media|MakeUseOf

Akshata Shanbhag(訳:コニャック)