ブルー系とピンク系の2つの新パッケージ!(写真は、「ippo! かきかたえんぴつ4B/6B」)

写真拡大

トンボ鉛筆は、保護者の要望を取りいれた製品づくりが評価されている学童文具「ippo!」(イッポ)シリーズから、2016年新春向けに、新たに「かきかたえんぴつ 4B/6B」の新柄と「丸つけ用青えんぴつ」を、2015年12月下旬に発売する。

かきかた(書写)の授業で推奨されている濃度の濃い「4B」と「6B」の芯を採用。外観は、教室での学習環境にふさわしいノンキャラクターのプレーンなデザインで、ブルー系とピンク系の2つの新パッケージを追加発売。これにより、従来のグリーン系とあわせて全3タイプとした。

ブルー系の軸色は、ネイビーとブルー、ライトグリーンの3色を1ダース中に4本ずつ、ピンク系はピンクとパープル、ペールブルーの3色を1ダース中にそれぞれ4本ミックスし、カラフルにそろえた。

また、4Bの鉛筆尾栓にイエロー、6Bの尾栓にオレンジの塗装をして色分けして筆箱の中で書写用鉛筆を見分けやすくした。

鉛筆の軸は、長さ176ミリメートル、太さ7.8ミリメートルの六角形。白色の「おなまえ」スペースを設けた。

1ダース箱は、3本セリースのパッケージで「鉛筆の正しい持ち方」を指導している。これらを加えて、学童文具「ippo!」シリーズは「書く・消す・貼る」製品を主力に20品種75アイテムに充実した。

希望小売価格は、いずれも1ダース648円。