メモアプリ1

写真拡大 (全7枚)

iOS9で進化したメモアプリ/iPhone

iOS9で大きく進化した機能として「メモアプリ」があります。従来のメモアプリはテキストを入力してメモを残すシンプルな機能しかありませんでしたが、今回のiOS9で大きく拡張された新機能の使い方などをご紹介します。

 

メモアプリで書体を変更するやり方はこちら【iPhone】メモアプリで書体を変更する方法(アイフォン)

 

新しく追加されたスケッチ

 

注目すべき新機能としては、「スケッチ」です。

今までテキスト入力しかできなかったメモアプリに手書きでメモが出来るようになりました。ペンの細さやペンの色、定規機能が搭載されているので、自分好みのスケッチをメモアプリで残すことが可能です。

 

使い方としては、メモ作成画面で右下に「+」ボタンが表示されるので、このボタンをタップします。

 

「+」ボタンを押すと挿入メニューが表示されるので、右から2番目のボタンをタップするとスケッチモードに移行します。

 

他のアプリから情報を共有しよう

 

メモアプリはスケッチ以外にも新機能が搭載されています。それが他のアプリからメモを残す機能です。

「写真」アプリを使えば、カメラロールに保存されている写真をメモアプリに”メモ付きで写真を残す”ことが可能で、コメントを残したい写真がある場合に便利な機能です。

 

写真アプリで写真を選択して、アクションボタンをタップすると、共有するメニューが表示されます。

iOS9では、ここに新しくメモアプリが追加されたので、メモアプリをタップします。

 

写真アプリ上で小さな画面のメモアプリが表示されるので、コメントの書き込みが可能になり、保存をすると、メモアプリに保存されます。

 

写真アプリ以外にもsafariにも対応しており、メモしたいサイトがあれば、アクションボタンからメモアプリを選択します。

 

写真アプリ同様に小さなメモアプリ画面が表示されるので、入力したいコメントを入力して保存します。

他にも標準のマップアプリなども対応しているので、メモしたいことがあれば、すぐにメモができる機能になっています。

 

メモアプリで書体を変更するやり方はこちら【iPhone】メモアプリで書体を変更する方法(アイフォン)