「ESQUIRE MINI」

写真拡大

オーディオ製品の輸入、販売を手がけるハーマンインターナショナル(東京都台東区)は、米国のブランド「COACH(コーチ)」とコラボレーションした、Bluetooth(ブルートゥース)対応のポータブルスピーカーとヘッドホン3モデルを2015年12月21日から限定販売している。

耳元をタッチやスライドするだけで、再生、停止、音量の調整ができる

発売されるのは、「Harman Kardon(ハーマンカードン)」ブランドのポータブルスピーカー「ESQUIRE MINI(エスクァイア ミニ)」と、ヘッドホン「SOHO WIRELESS(ソーホー ワイヤレス)」、「JBL(ジェイビーエル)」ブランドのヘッドホン「E40BT」をベースにしたモデル。

「ESQUIRE MINI」のコラボモデルは、表面をアルミで磨いたデザイン。背面は、なめらかなラムレザーで仕上げた。豊かな低音が感じられる「ポートシステム」を採用。持ち運びしやすいコンパクトサイズでありながら、クリアで重厚感のあるサウンドを楽しめる。連続で8時間のワイヤレス再生ができ、またスマートフォンのモバイルバッテリーとしても使える。「ワイルド ビースト」と「ヴァーシティ ストライプ」の2種類で、価格は2万3760円(税込、以下同)。

「SOHO WIRELESS」のコラボモデルは、ヘッドバンドとイヤーカップ(耳を覆う部分)にコーチの上質なレザーをあしらった。「Harman Kardon」らしいキメ細やかでナチュラルなサウンドを楽しめる。「イヤーカップ・モーションセンサー」を採用したことで、耳元をタッチやスライドするだけで、再生、停止、音量の調整ができる。「ワイルド ビースト」と「ヴァーシティ ストライプ」の2種類。価格は3万6720円。

「E40BT」のコラボモデルは、イヤーカップとヘッドバンドにニューヨークのダウンタウンをイメージしたデザインになった。イヤーカップを折りたたむことができ、コンパクトでありながらも、クリアで迫力のあるサウンドを実現した。「ヴァーシティ ストライプ」、「ゼブラ」、「シューティング スター」の3種類。価格は1万7280円。

なお、「SOHO WIRELESS」と「E40BT」のコラボモデルは、発売時期が未定。事前に連絡をしておくことで入荷の情報が入手できる。