アメリカ司法省に多く狙われる日本企業 摘発対象の9割が日本企業?

ざっくり言うと

  • 米司法省が日本人ばかりを狙う理由をジャーナリストが分析している
  • 摘発対象の9割が日本企業で、米刑務所にはメーカー幹部らが収監されている
  • 米国の独禁法が強化される中で、日本企業の対応が遅れたためだという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング