2015年後期の動画マーケティング最新動向を総まとめ!movieTIMES『注目トピック記事』トップ10

写真拡大 (全11枚)

動画アドテクノロジーを提供するアンルーリー社は日本でのサービス提供に合わせ、国内における動画シェアの傾向を発表。欧米とは異なる傾向があることが明らかになりました。
動画の強みである「感情に訴える力」は可視化が難しいものでしたが、アドテクノロジーの発達により、「視聴者との感情的なつながり」まで把握できるようになっていく将来を予感させるトピックです。

記事を読む:
国内で「もっともシェアされやすい動画」は温かみを感じる動画と判明【アンルーリー社調べ】

年間の人気記事ランキングでもニュースキュレーションアプリの動画広告まとめ記事が1位になっており、ユーザーのセグメントが明確なキュレーションメディアに関心が集まっているようです。2016年、ますます注目していきたい動画広告の出稿先です。

記事を読む:
月間UU数は4000万人。人気キュレーションメディア5媒体で動画広告が出稿可能に――DeNAが2016年に提供開始

2014年まで動画配信プラットフォームといえば、YouTubeが圧倒的な存在感を誇っていましたが、今年Facebookは動画に関する機能を次々と発表し、大躍進を遂げました。機能や特性をしっかり理解し、適切なプラットフォームを選択することが求められます。

記事を読む:
“動画を見つけ、視聴する場”としての機能強化を発表したFacebook。いずれYouTubeを脅かす存在となるのか?

動画マーケティングを取り巻くニーズの多様化に伴って、新たなサービスが次々とローンチされるなか、ウェブサイト上でテンプレートに画像や動画を当てはめることで手軽に動画を制作することができる「FastVideo」サービスローンチの記事がランクインしました。
手間やコストのかかるイメージの強い動画制作が、安価で手軽にできるようになることで、マーケティングのあらゆるシーンでの動画の活用が増えていくことが期待されます。

記事を読む:
1万円以下で動画を制作!LOCUSがテンプレート型の動画制作ウェブサービス「FastVideo」をローンチ

スマートフォンによる動画視聴が一般化するなど、動画の視聴環境は年々変化しています。「動画サービス」の利用状況に関する最新動向に読者の関心が集まりました。制作した動画コンテンツがどのような状況でユーザーのもとに届いているのか、効果検証を行うことでより良いユーザーとの関係値を築いていくことが大切です。

記事を読む:
スマートフォンからのYouTube視聴が多い時間帯が判明!動画サービスの利用者数ランキングなどをニールセンが発表

テレビCMか動画広告かという選択肢ではなく、それらを掛け合わせることで、相乗効果が見られることが定量的なデータからも明らかとなりました。今年に入り、ブランディング目的の動画広告への関心が高まり、ブランドリフトに関する効果測定は今後も注目の領域です。

記事を読む:
テレビCM×スマホ動画広告でブランドリフト効果がUP。相乗効果により購入意向が約2.43倍に【App-CM調べ】

Facebookが発表したソリューション「スライドショー」では画像を数枚用意するだけで、簡単に動画広告を作成できます。簡易的な動画でも、フィード上でユーザーの目を引くことができる「動画」のメリットは十分に発揮されます。7位の「FastVideo」同様、「より手軽に効果的な動画を作りたい」という読者のニーズが記事の注目度に表れていると言えるでしょう。

記事を読む:
Facebook、静止画像を組み合わせる新スタイルの動画広告「スライドショー」をローンチ

昨今、言及される若者のテレビ離れがより鮮明となったこちらのトピックが3位となりました。10代、20代においてはテレビを持っていない人も増えており、テレビCMだけでは若年層にアプローチすることは難しい時代になっていると言えるでしょう。

記事を読む:
10代後半の46%がテレビをほぼ見ていないことが判明。全年代でもテレビCM非接触層は37.4%に【CA調べ】

3位に続き、テレビCMからオンライン動画広告へのシフトを告げるトピック記事が2位にランクインしました。動画マーケティングで先を行く米国では、テレビCMからオンライン動画広告に予算を移した企業は4割に上ることからも、日本におけるオンライン動画広告の高まりは今後、必然と言えそうです。

記事を読む:
テレビCMからオンライン動画広告への予算シフトが加速。ブランディング目的の動画広告の需要高まる【AOL調べ】

YouTubeやFacebookを抑え、もっとも注目が集まったトピックはInstagramの運用型広告配信の開始を知らせる記事でした。2015年人気記事ランキングでも3位にランクインしたInstagram。来年はInstagramをマーケティングに活用する企業が増えていくことが予想され、その効果を示すデータも登場することでしょう。今年始まったInstagram広告がどのような展開を見せるのか、今後も注目していきたいトレンドです。

記事を読む:
運用型Instagram広告をFacebookが正式にリリース!誰でも少額からの動画広告展開が可能に

トップ3のうち、2つがテレビCMからオンライン動画広告へのシフトという大きなトレンドを象徴するトピックとなり、5位にはテレビCMとオンライン動画広告の相乗効果を示す記事がランクインしました。従来のテレビCMと並び、マーケティング手段としてオンライン動画広告の利用価値が認められてきたことの表れと言えるでしょう。
2016年は、今年新たに登場した動画広告配信先や効果測定機能が実践の場で活用されることが期待されます。