クリーミーさがたまらない。ロブスターロール専門店「LUKE’S」に冬季限定メニュー

写真拡大 (全2枚)

魚介のおいしさをぎゅっと味わえるスープや鍋は、冬ならではの楽しみ。そんな女子は、東京・表参道にあるNY発のロブスターロール専門店「LUKE’S(ルークス)」をのぞいてみて。同店には、2015年12月21日(月)から冬季限定メニュー2種類が登場。いずれも体が温まりそうなクリーミーな料理が並び、メイン州産ロブスターのうまみがたっぷり味わえるそう。

米国の定番家庭料理「マカロニ&チーズ」をアレンジした「ロブスターマッケンチーズ」(1080円)は、ロブスターの殻を炒めたアメリケーヌソースに2種類のチーズをブレンドしていて、コク深い味わいが楽しめる。「具材とソースのダブルでロブスターのおいしさを味わってください」と、広報担当の中村さん。
寒いときにぴったりのスープでは「ロブスタービスク」(980円)が新登場。トマトベースーのこちらは、バターを塗って焼き上げた「LUKE’S 特製パン」と組み合わせるのがおすすめとか。

「通年メニューとしてご用意している『クラムチャウダー』(880円)も、米国では冬の定番です。アサリやジャガイモを牛乳で優しい味に仕上げたこのスープを、ロブスターロールと一緒に味わってください」と、広報担当者さん。

ばたばたする年末だからこそ、贅沢なあったかメニューで温まるのもいいかも。