手土産におすすめ!東京駅・羽田空港などでしか買えない「東京みやげ」スイーツ4選

写真拡大 (全4枚)

今年も残すところ10日。チケットを手配したり、地元の友人と連絡を取り合ったり、そろそろ帰省の準備を始めているのでは? とっておきの東京土産も用意したいところだけれど、ラストスパートに精一杯でさすがにそこまでは…という人も少なくないはず。そこで今回は、旅の窓口となる東京駅羽田空港など、限られた店舗でのみ販売しているスイーツを4点をセレクト。限定感たっぷりの「東京みやげ」なら、家族にも喜んでもらえるはず!◆【東京駅】見ても楽しめる。華やかエディブルフラワーが敷き詰められた「花のババロア」


東京駅で新しくビジュアルも素敵な手土産を求めるのなら、注目したいのが2015年5月1日(金)に「東京駅一番街」にオープンした「花のババロアhavaro(ハバロ)」。同店は、色とりどりのエディブルフラワー(食べられる花)を固めたゼリーと爽やかな味わいのババロアが2層になった新感覚のスイーツの専門店。その時期に入荷するエディブルフラワーで作られたこちらは、お花畑のようなビジュアルで、包みを開けたときのサプライズ感も満点! 

ババロアにはバニラヨーグルト、フレーズ、オレンジ、ショコラ、クリームチーズ、抹茶など、6種類があるけれど、どのフレーバーもさっぱりとした味わいなので、甘いものが苦手な人でも喜んでくれるはず。家族団らんのティータイムには、好きな大きさにカットできるホールサイズの「Bouquet(ブーケ)」(2160〜3024円/直径15cm)を、好みのフレーバーを選んでもらって配るのなら、四方3.5cmのキューブ型8個が入った「Petale(ペタル)」(1944円)がおすすめ。

写真)手前から、「Bouquet(ブーケ)」(2160〜3024円/直径15cm)※価格は入荷した花により変動、「Petale(ペタル)」(1944円/4種類各2個ずつの詰め合わせセット) ※要冷蔵。賞味期限は購入日を含む2日間/以上、PARADISトウキョウミタス店(花のババロアhabaro)

◆【羽田空港・成田空港】夕焼け空に浮かぶ雲を表現した、老舗和菓子店「とらや」の空港限定羊羮


和菓子の「東京みやげ」といえば、「とらや」の羊羹という印象の人も多いのでは? 中でも注目したいのが、羽田空港と成田空港でしか買うことができない「空の旅」(ハーフサイズ1512円、小型羊羹260円)。

「とらや」15代店主の黒川武雄氏が、飛行機の窓から見える夕焼け空の美しさに感銘を受け、昭和26年に考案した商品。茜色の煉り羊羹に白小豆を散らすことで、夕暮れに浮かぶ雲を表現しているそう。食べきりサイズの小型もあるから、多めに用意しておけば、急に地元の友達に会うことに!なんて時にも役立つはず。

写真)「空の旅」(ハーフサイズ1512円、小型羊羹260円)※賞味期限製造から1年間/とらや 羽田空港第1ビル売店 ※そのほか、羽田空港内店舗と成田空港売店で取り扱いあり

◆【東京駅・羽田空港・成田空港ほか】たくさん集まる席へのお土産にも最適! 「資生堂パーラー」の限定品


洋菓子の老舗「資生堂パーラー」も地方人気が高いブランド。2015年10月に洋菓子シリーズとラッピングをリニュアールしたばかりだから、フレッシュな印象を与えてくれるはず。

同ブランドでは駅や空港限定のスイーツも販売。甘酸っぱいストロベリーとほろ苦いカフェオレの2種の詰め合わせた「ラ・ガナシュ・オム」(16個入1080円)と、ゲランドの岩塩をアクセントにしたナチュール(プレーン)、いちごのピューレを混ぜ込んだフレーズ(ストロベリー)、まろやかなチーズともバランスが良いほろ苦いショコラの3種の味わいが楽しめるひと口サイズのチーズケーキ「ボンボンフロマージュ」(5個入864円・写真、10個入1728円、15個入2592円)が特におすすめ。いずれも万人に好かれる味だから、子どもから大人まで、親戚が集まる機会に喜ばれそう。

「ラ・ガナシュ・オム」は空港限定フレーバー、「ボンボンフロマージュ」は銀座店のほかでは東京駅・羽田空港でしか買うことができないから、特別感たっぷり。東京駅の「ボンボンフロマージュ」はパッケージも限定デザインだというから、そちらも要チェック!

写真)左から、「ラ・ガナシュ・オム」(16個入1080円) ※賞味期限の目安は購入から120日、「ボンボンフロマージュ」(5個入864円、10個入1728円、15個入2592円) ※要冷蔵。賞味期限購入日を含め5日間/資生堂パーラー ※羽田空港店、トウキョウミタス店、銀座本店ほかで取り扱いあり