Doctors Me(ドクターズミー)- 意外と多い! 悩める女性の薄毛・抜け毛の原因は一体…?

写真拡大

少し前までは、男性、特に中高年の男性の問題と考えられていた、薄毛や抜け毛の問題。最近では若い男性や女性もたくさんの人が薄毛で悩んでいることが明らかになってきました。抜け毛の原因は人によってさまざまですが、今回は特に女性の薄毛の原因やその改善法について、医師に教えてもらいました。

男性特有の髪の抜け方とは?

女性の薄毛が、多くの男性のそれと異なる点は、抜け方です。

男性の場合、いわゆる前髪のラインが後退する、オデコが広くなる、あるいは頭のてっぺんが薄くなる、といったはげ方をする人が多いです。これは、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンが影響しているというAGA、いわゆる男性型脱毛症の特徴ですね。前頭部、頭頂部にはこのジヒドロテストステロンに強く影響を受ける毛根が集中していることから、このような特徴あるはげ方をすると考えられています。

原因はストレスやダイエットなどさまざま

一方で女性に多いのは、部分的にというよりは全体に薄くなる、ボリュームがなくなりペタンとした髪型になってしまう、といったケースです。

原因としては、やはりストレスによるものがあります。薄毛に悩む世代の女性は、仕事に家事、子育てなど非常に忙しいことが多いですよね。ストレスを溜めることで、ホルモンのバランスが乱れ、頭皮の血行が悪くなることもよくあるようです。また、出産後のホルモンの変化と赤ちゃんの子育てで髪の毛が一気に抜けてしまったという人もいるでしょう。無理なダイエットで健康な髪の毛を育てる栄養そのものが足りなくなっている、というケースもたびたび見られます。

女性のファッションも影響している…?

また、髪の毛に対する負担が多いのも女性特有です。頻繁に染めたり、繰り返しパーマをかけるといったことで髪は疲弊し、傷んでしまうことが多くあります。髪が細くなるだけでなく、抜けることも多いので、ますますボリュームが減ってしまいますよね。

おしゃれの一環として帽子やウィッグを愛用する女性も最近多いですが、あまりピタッとしたもので頭を長時間覆ってしまうと頭皮の血流低下や蒸れの原因となり、よくありません。

医師からのアドバイス

このような原因による抜け毛や薄毛を防ぐためにできることは、生活習慣の見直しです。

仕事や育児などで忙しくてなかなか自分のことに手が回らない、という人も多いと思いますが、食事だけは三食きちんととるようにしましょう。外食が多い人も、時々野菜ジュースや果物を取り入れるだけでも違ってきます。また、パーマや染めなど髪の毛に負担をかけることが多い人は、美容院でよりナチュラルな素材のヘアケア用品に変えてもらったり、シャンプーをアミノ酸系の優しいものに換えたりするのもよいでしょう。
産後の抜け毛はホルモンによるものが多いので、気にせずリラックスして生活することでほとんどは自然に回復しますよ。

(監修:Doctors Me医師)