Doctors Me(ドクターズミー)- 知らないと恐ろしい!紫外線が髪にもたらす影響とは…!

写真拡大

男性の多くが気になる毛髪の問題。できれば歳を重ねても若い頃ののような豊かな髪の量を保っていたいものですよね。
髪の毛が薄くなってしまうことにはさまざまな原因がありますが、その中で今回は「紫外線」が頭皮と髪にもたらす影響について、医師に解説していただきました。

頭皮も紫外線によってダメージを受けている!

皮膚が紫外線によってダメージを受けてしまうことは、世間一般では当たり前のようになっていますね。紫外線により皮膚の細胞は障害を受けて、また皮膚の水分を奪っていく事によって潤いも奪われてしまいます。それが紫外線による皮膚のダメージを簡単に説明したものとなります。
実は頭皮も、毛が生えてはいるものの皮膚の一部分には変わりないため、紫外線によりダメージを受けるということが、薄毛と大きく関係しているのです。
次章では、紫外線から受けるダメージのメカニズムについて、詳しく説明していきます。

毛髪が紫外線で抜けていくメカニズムとは?

まず、紫外線を浴びると髪の毛に存在するキューティクル乾燥し剥がれおちるために、毛髪が薄くなります。その結果、全体的に薄くなったようにも見えてしまいます。
実は皮膚の頭皮だけがダメージを受けるのではなく、毛髪自体も直接的に障害をうけているのです。そして、頭皮自体は日焼けをすると、顔や腕と同じように頭皮自体もダメージを受けています。
頭皮が紫外線を浴びると、頭皮を守る皮脂が酸化し、過酸化物質にかわります。
この過酸化物質が毛穴で炎症を起こし、皮脂が過剰に分泌してしまいます。

また、紫外線から頭皮を守るために活性化酸素を発生させます。この過酸化酸素が大量に分泌されると、頭皮の下に存在している真皮と呼ばれる部分のコラーゲンが破壊されていきます。
皮膚の形成にはコラーゲンは大事ですが、このコラーゲンが不足してしまうと、栄養不足となり皮膚が老化していきます。よって毛髪は痛み、元気のない毛根によって薄毛になってしまいます。

紫外線対策に帽子は必須!でもデメリットも?

では、帽子で紫外線を浴びないようにしようと思う方もいますが、
もちろん帽子は熱中症予防や日焼けの予防になるため、大事な予防策です。

しかし、ぼうしやヘルメットなどの被り物は、汗などの頭皮からの分泌物が細菌を発生させ、炎症の原因になるなど 皮膚へのダメージもあります。つまり汗が常に存在し続ける環境にしておくことはよくないため、汗を適切に蒸発させるためには定期的に帽子を外すことも必要でしょう。
そして、頭皮の汚れは抜け毛の原因になります。皮脂が毛穴に詰まることで、毛根が弱くなってしまいますので、帽子自体を常に清潔にしておく事にも気を付けてください。

【医師からのアドバイス】

帽子などで紫外線を防止しながらも、頭皮を清潔に保ち、頭皮や毛髪に良い栄養を摂取する事が必要です。
もしも紫外線を浴びてしまった場合も、その後のケアを十分にしてあげましょう。

(監修:Doctors Me医師)