カワイイよりも安全を!?(shutterstock.com)

写真拡大

 今月、JIS(日本工業規格)案のL4129(子ども用衣料の安全性―子ども用衣料に附属するひもの要求事項)が制定公示される。「我が国において、子ども服に起因する重篤な事故事例は公的には報告されていない」(経済産業省のHPから)ものの、子育て中のママさんが対象と思われる過去の調査では77%が「危険を感じたことがある」と回答。主因が「ひもの引っかかり」によるものだったそうで、重篤事故の未然予防が今回の制定意図らしい。

 具体的事例では、年少(出生〜7歳未満)向け衣料の頭部及び頸部の範囲に関して「ひもが付いた衣料をデザイン、製造又は供給してはならない」。同じく年少用の背面範囲では、「衣料の後部から出す又は後部で結ぶ引きひも、装着ひも及び装飾ひもがあってはならない」との厳格な安全基準が規定される。平たくいえば「カワイイよりも安全を!」の4129(ヨイフク)案だが、フードに関しては「力が加わった場合には、本体から外れるようなホック仕様なども有効に活用することが望ましい」として推奨事項(参考)に留めている。

着衣着火は高齢者の想定外

 首回りのひもが公園の遊具に引っかかる、あるいは垂れた装飾ひもが自転車の車輪に絡んで転ぶ......。服選びの際の親の無自覚性こそが問われる事案にも思えるが、衣料絡みの事故自体は何も児童特有の問題とは言い切れないのではなかろうか。

 例えば、料理中のコンロ火や仏壇の灯明から高齢者の衣服に着火する「着衣着火」という火災用語を御存じだろうか? 平成24年の場合、東京消防庁管内での着衣着火火災による死傷者数は85人。うち死亡者が4人、重篤が3人を数えたそうだが、すべてが65歳以上の高齢者だという事実には驚かされる。

 東京都が昨秋公表したヒヤリ・ハット調査『シニア世代における衣服・履物の危険』でも60歳以上の男女3000人中261人が着衣着火の冷や汗体験や危害を回答。約6割が台所のコンロでの不測事態で、着衣着火が極めて日常的な災難である事を教えてくれる。

老人力初心者こそが災いを呼ぶ!?

 同調査の「衣服・履物の転倒」結果は、年代別で意外にも60代が最多(衣服・履物共に約5割)。まだ血気盛んなシニア初心者層のヒヤリ率が先輩陣を抑えて高いのは、やはり老人力不足(=体力低下と脳内イメージが乖離している)ゆえだろうか。

 衣服による転倒では「ズボンを着替える際にバランスを崩した」とか「パジャマ姿でトイレに立った時、裾を踏んで」などの事例が多い。一方、踵のないサンダルやスリッパでの転倒例は「雨上がりの鉄骨階段で滑り落ちた」とか「台所で横に移動する際、スリッパを引っかけて転んだ」など、履物自体に罪はないが反射能力次第で凶器と化す例も。

 澤野文香・山田民子両氏が60歳以上の女性30人を調査して纏めた論文『高齢者衣服の研究と提案』(東京家政大学博物館紀要・第20集;2015)によれば、既製品への満足度を問うと「3〜4割の高齢者が不満を感じており、60代がバスト、70代が袖に対しての不満が多かった」とか。サイズについては60・70代共に袖丈への不満を回答している。

 また、既製品の安全性に関しては60代の約4割が不満を表明し、理由としては「階段で裾を踏んだことがある」「服を引っかけたことがある」「夜道で車・自転車にぶつかりそうになったことがある」などが多かったそうだ。

 逆に70代が安全性への不満を感じていない理由を「60代の方が70代よりも活発に活動することが多い分、安全性に対する不満が多いのではないかと考えられた」と、御両人は分析している。

 行動力も好奇心も旺盛なぶん、服絡みの事故にも見舞われやすいのかもしれない60代。この年代の親を持つ方は今年のクリスマス・プレゼントに「安全な服」を選んでみるのも一考だろう。くれぐれも「老人扱い」は禁物であるが......。
(文=編集部)