写真提供:マイナビニュース

写真拡大

スマートCRMプラットフォーム「betrend」を提供するビートレンドは12月21日、同日に「betrend 権限管理」オプションをリリースしたことを発表した。

「betrend 権限管理」オプションは、「betrend」の子アカウントを複数発行することで、担当者単位で操作ログを残すことができ、子アカウント単位で操作・閲覧できる機能を制限することもできるオプションサービスとなっている。

リリースされたオプションの概要として、親アカウントと同等の機能(「betrend 権限管理」以外に、契約しているすべての機能)を操作可能な子アカウントを複数発行できる。

1つの親アカウントに対して、10個単位で子アカウントを追加することが可能で、子アカウントを複数発行することで、担当者ごとに別々のアカウントを割り振ることができ、操作ログを担当者ごとに適切に残せる。

また、同サービスでは、子アカウントでは、基本的に親アカウントと同じ機能を利用することができるが、親アカウント側の制御により、任意の子アカウントに対して機能単位(プッシュ通知/SMS配信/フォーム作成/データベース管理など)で、使用制限をかけられる。

今回、リリースされたオプションでは、使用制限がかかっている機能は、管理画面上で該当機能のボタンが選択できなくなるが、個人情報の管理を行う「データベース管理」機能への使用制限をかけた場合のみ、その子アカウントのすべての機能から個人情報を閲覧することができなくなるため、個人情報を扱うことができる担当者を管理できる。

そのほか、子アカウントごとの機能制限に加えて、ログイン時のIPアドレス制限や、曜日・時間帯の制限もかけることができるため、社外のネットワークや業務時間外の個人情報へのアクセスを制限するなど、セキュリティの強化が実施されている。

「betrend 権限管理」オプションの利用料金は、月額費用(年間契約)が5000円/10アカウントとなっている。