写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ブレインズテクノロジーは12月21日、ソラコムが提供するIoTプラットフォーム「SORACOM」の「SORACOM パートナースペース認定済ソリューションパートナー」(SPSソリューションパートナー)に認定されたことを発表した。SORACOMと連携した故障予兆検知ソリューションとして、リアルタイム予測分析プラットフォーム「Impulse」を提供していく。

SPSソリューション・パートナーとは、SORACOM プラットフォームを活用したソフトウェア、ミドルウェア、クラウドサービス、 ASP サービスを提供する企業のうち、一定のパートナー認定の要件を満たし活用実績があることをソラコムが認定した企業。

Impulseは、Apache Sparkを活用し、さまざまなセンサーデータ/ログデータに対して、高度な分析機能を提供するリアルタイム予測分析プラットフォーム。データの可視化だけではなく、機械学習を利用したデータ特性の分析、予防保全に有効な予測・予兆検知を実現。また、全ての基盤をクラウド上で提供するため、スケーラブルなIoT分析プラットフォームをスピーディーに構築・整備することが可能となっている。Impulseは、SORACOMのIoTプラットフォームを介して集積される大量のセンサーデータの予測・分析に対応する。

またImpulseは、アマゾンウェブサービス(AWS)環境、およびAWS IoTに対応しており、安価、かつ、柔軟に拡張可能なクラウドサービスとして提供可能。ブレインズテクノロジーは、SORACOM、AWSと連携したサービス・ソリューションの提供を通して、IoT関連事業のサービス拡大を推進していくという。