進化しつづけるスマートフォン広告市場

d6792-51-759157-1-624x165

株式会社サイバーエージェントの連結子会社である株式会社CyberZは、スマートフォン広告向けソリューションツール「Force Operation X」(以下、「F.O.X」)において、ダイナミックリターゲティング広告配信機能を強化したことを発表した。

ダイナミックリターゲティング広告とは、企業の商品情報とユーザー行動情報を組み合わせ、ユーザーに対してパーソナライズドされた広告をリアルタイムに配信する手法である。一人一人に適した広告を表示させることで、通常の広告に比べより高い広告効果が期待できる。

■ダイナミックリターゲティング広告d6792

 

今回の発表では、「F.O.X」において、「Criteo」(クリテオ)と、株式会社サイバーエージェントが提供する「Dynalyst」(ダイナリスト)とのテクノロジー連携を行ったとのこと。これにより、「F.O.X」を採用している広告主はダイナミックリターゲティング広告の配信・計測が可能となった。また、「Criteo」におけるアプリ内への広告配信を実現したのは、国内計測ツールにおいて「F.O.X」が初めてということだ。

スマートフォン市場の急速な発展とともに、企業のマーケティング活動におけるスマートフォン対応の需要は拡大を続けている。また、ユーザーのスマートフォン上での買い物への敷居も低くなってきている中、効率的な広告配信は今後さらに進化していくだろう。

ReadWrite Japan編集部
[原文]