消費者嗜好分析ソリューション 概要

写真拡大 (全2枚)

 富士通は21日、具体的な商品属性をタグとして商品に自動付与すると同時に、消費者情報などと組み合わせて分析・可視化するソリューションの提供を開始した。これにより、ライフスタイルや嗜好を捉えたマーケティング高度化が行えるとのこと。

 商品属性を自動で付与する技術により、例えば食品では「手料理」「健康志向」といった商品の特長や訴求ポイントを付与できる。商品属性は、テキストマイニングの技術を応用して商品説明文などから有効な情報だけを抽出。これに独自のビッグデータ解析手法を組み合わせることで、実現した。

 キュレーターが、ビッグデータ解析手法を活用し、商品情報や消費者情報など、利用目的に合わせて必要な情報を組み合わせ、分析結果を可視化して提供。さらに、気象条件やSNSなどの外部データを組み合わせた分析などを行うことで、より実態に沿ったきめ細かい情報も取得可能だいう。これにより、従来のジャンル分けにとらわれない、横断的な嗜好パターンなども把握可能。